Entame Plex-エンタメプレックス-

【動画】中川家礼二、鉄道博物館に転職を熱望!? 漫才は「たまにやるくらいなら」

9月16日、さいたま市にある鉄道博物館に中川家の剛と礼二が登場。鉄道トークを繰り広げた。

この日鉄道博物館で行われたのは、デアゴスティーニから9月15日に創刊された週刊『昭和にっぽん 鉄道ジオラマ』の発売記念イベント。この週刊誌にはZゲージと呼ばれる220分の1スケールの鉄道模型とジオラマが付属。全100号まで集めると昭和39年の日本を再現でき、イベントではその完成形のジオラマがお披露目された。

そんなイベントに登場した中川家の礼二は「車掌になれるなら芸人辞めていい」と豪語するほどの鉄道好き。この日も開始早々「2週間前にも(鉄道博物館を)訪れました!」と鉄道好きをアピールし、おなじみの車内アナウンスのモノマネも披露しつつ、終始上機嫌でトークを展開。

鉄道模型について礼二は「昔はぜいたく品で、大人になってからは車両だけ買い集めてるんですけど。本当は部屋一面に作りたい。(小型のZゲージなので)嫁に文句も言われないところに置けるので……仕事で疲れた人はこれを眺めて癒やされて」とその魅力を語った。

礼二は娘にも鉄道趣味を布教しているそうだが、「渋い線に乗せてばかりいたので離れてしまいまして。ちょっとマニアックすぎましたね。京浜東北線から大宮で東武野田線に乗り換えて春日部まで行って、子供がもうヘトヘトになってました」という失敗談も。

そんな鉄道大好きの礼二に対して、剛曰く子供時代には「小さいころ唯一買ってもらった新幹線(のおもちゃ)があったんですけど、それの取り合いになって。彼(礼二)が頭から血を流すほど新幹線で殴ってやりました。それで壊れて結局遊べなくなっちゃいました」という事件もあったとか。その後二度と模型を買ってもらうことがなかったそうで、礼二は「それも理由の1つで、子供のときに揃えられなかったので……」と現在鉄道に熱中する理由を明かした。

また、剛は「彼(礼二)が子供のころから電車好きだったので、かといって1人で行かせるわけにもいかないので、親父にいわれて付き添ってやってました。そのかわりに100円もらってね(笑)。僕は鉄道には何も興味なかったんですけど。大阪から枚方というところまで行って、また地元の駅に戻るってのをやってました」という微笑ましいエピソードも披露。

イベントでは、鉄道博物館の職員と芸人、どちらかを選ぶなら? と聞かれると、礼二は「職員」と即答。「僕はどっかの鉄道関係に入れれば、今の世界には未練はございません。たまに漫才やるのならええわ。1人でやってください」とコメント。剛が「職員なんの今から? 大変やで」と反論すると、礼二は「色々企画とか立ててそれが採用されたらこんなええことあれへんがな。いろんな番組とか出たって自分の意見なんか通らへん」と本音が漏れる一幕も。「バラエティで意見出しても『それはちょっと……』って言われたらすぐ諦めるんですけど、(鉄道関係なら)諦めません」と転職への意欲をアピールした。

<関連サイト>
週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ http://deagostini.jp/snt/
鉄道博物館 – THE RAILWAY MUSEUM – http://www.railway-museum.jp/top.html
すべらない話プレミアムライブ、2015年2月の福岡公演の詳細が発表 http://www.entameplex.com/archives/17763