Entame Plex-エンタメプレックス-

INORAN、記念すべきソロツアーファイナル&誕生日公演に真矢が駆けつけ祝福


LUNA SEAのギタリストとして知られるINORANが29日、東京・EX THEATER ROPPONGIにてバースデイライブ『INORAN B-DAY LIVE CODE929/2015』を開催した。

本公演は、8月にリリースされたソロアルバム『BEAUTIFUL NOW』を引っ提げた全国ツアー『INORAN TOUR 2015 –BEAUTIFUL NOW-』のツアーファイナル、さらに、この日はINORANの45歳の誕生日とあって会場には多くのファンが詰め掛けた。

ライブは、『Beautiful Now』で幕開け。INORANが「行くぞ、東京!」と客を煽り『mightneversee,mightneverreach』『Rightaway』と立て続けに披露。INORANは、「今の(曲)で息切れしてしまった、45歳とはこういうことなのか?」と、MCで笑いを誘う一幕も。そして、ライブ中盤では、インストゥルメンタルの『HOME』などアコースティックなサウンドを響かせた。

また、この日のスペシャルゲストとして、何とLUNA SEAのドラマー:真矢がバースデーケーキとともに登場! すると、開口一番「本当にこのツアー最高でした!」と、ツアーに参加していない真矢の一言で爆笑をとりつつ「じゃあ、みんなで“ハッピーバースデー”を贈ろう」と音頭をとり、会場一体となって合唱でINORANを祝った。

そんなサプライズのあとは、「身体もアタマもほぐれただろ?この会場を揺らすぞ!」と終盤戦はロックチューンを畳み掛け、「ピンク スパイダー」では、「東京! 翔べ! 翔べ!」と勢いづき、ベースのu;zoが客席にダイブするなど大盛り上がり。

『Get Laid』では、観客との対決のようなコール&レスポンスが。INORANは、「最高です。こんな綺麗な海は観たことがないです。この海に笑顔が浮かんでいる。みんなで音を鳴らし合って、ぶつけ合って最高の気持ちをこれから出会う人たちに分けてあげてください」と観客で溢れかえったフロアを眺めながら感慨深そうに語った。そして、「僕らがつながりあえるように」と呟き、ラストの曲『All We Are』では、INORAN特有のアルペジオで感動的な音色を轟かせた。

演奏を終えたINORANは、ジャケットを脱ぎ捨て、メンバーとともにステージ中央で肩を組み「最高のファイナルでした!」と、ファンに向け感謝の言葉を述べ、45歳最初のステージを後にした。

■セットリスト
M01.Beautiful Now
M02.mightneversee,mightneverreach
M03.Rightaway
M04.smoke
M05.Awaking in my self
M06.2Lime s
M07.no options
M08.Fading Memory
M09.Sakura
M10.Hold on
M11.HOME
M12.Dr & Ba
M13.Lullaby of Winds
M14.ピンク スパイダー
M15.Nasty
M16.grace and glory
M17.Get Laid
M18.All We Are

Photo by Edmond Lai

<関連サイト>
INORAN http://inoran.org/
INORAN、1年ぶりのワンマンライブで全国ツアーの成功を誓う http://www.entameplex.com/archives/23842