Entame Plex-エンタメプレックス-

GACKTや小林幸子、SOPHIA:松岡充も参戦!「ニコニコ超パーティー」は今年も熱かった!


10月25日、埼玉・さいたまスーパアリーナにて「ニコニコ超パーティー2015」が行われた。

「ニコニコ超パーティー」は、日本最大の動画サービス「niconico」が「ニコニコ超会議」とともに毎年開催するステージイベントで今年3年目を迎えた。ステージには、「歌ってみた」「踊ってみた」などのniconico内の各カテゴリーで活躍するユーザーが一堂に会して舞台を盛り上げる。また、GACKTや小林幸子など、niconicoに関わるプロの歌手たちも登場する。プロアマ問わない姿勢も同イベントの特徴だ。

オープニングには総合司会の百花繚乱が姿を見せ、「ニコニコ!」とコールすると1万5千人の来場者たちは「超パーティー!!」とレスポンスを返し、大歓声のなかイベントはスタートした。

第1部では、GACKTがオープニングを飾り「神威♂楽園」の一員としてトークを展開した。「神威♂楽園」とは、もともとGACKTのファンクラブ限定イベントとしてスタートしたもので、制服&メガネをかけたGACKTが架空の学園で生徒会長ならぬ“性”徒会長に扮する。

GACKTは「アゲアゲのギュインギュインでお願いします!」と観客をあおったあとにB’zの「ウルトラソウル」を中心としたメドレーを披露。「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」などさまざまな代表曲の途中で突然「ウルトラソウッ!」と叫び、次々にブッタ斬る姿に会場は大盛り上がり。最後にGACKTは自身の楽曲「情熱のイナズマ」を熱唱した。

続いて踊り手や歌い手たちが、次々に舞台上にあらわれ快演。ロボット掃除機「ルンバ」で演奏する動画を投稿し話題となったkamocも「*ハロー、プラネット。」を“生ルンバ”で披露した。

第2部では、トップバッターとして小林幸子が登場し「夕陽ヶ丘に咲いた花は」を歌唱。早々の“降臨”に「いきなりクライマックスかよ」とのネット来場者によるコメントが飛び交った。小林は「ラスボスです」と自己紹介し、笑いを誘う。

さらに小林はMC中に“ペット”の「つむこ」を紹介。その巨大さに会場からは驚きの声が上がる。つむこに搭乗した小林は、niconico上でも公式でアップしているアップテンポなボカロ曲「脳漿炸裂バーサン」を見事に歌いきった。

その後、コスプレイヤーによるショーや、桐子による二胡の演奏、さらに蛇足、ぽこた、けったろなどの歌い手たちが登場するなど、niconicoらしい幅広いジャンルのステージが進み、部の終盤には、出演者の踊り手全員約50人で「少女と黒猫はハロウィンの夜に」を披露した。

第3部の中盤には、超パーティーに毎年出場するSOPHIA:松岡充がボーカロイドの楽曲「歌に形はないけれど」「リンカーネイション」を歌い上げた。昨年の超パーティーで来場者を混乱におとしいれた禁断のボカロ曲「くるみ☆ぽんちお」は封印し、期待と不安半分だったネット来場者たちは「神回避」とコメントした。そして章の最後には、超ニコニコ管弦楽団が2015年夏アニメや名作ゲームのテーマ曲を演奏した。

最終部には、niconicoのアイコンともいえる初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、GUMI、神威がくほ、IAたちボーカロイドがAR技術によって立体的な姿でステージ上に現われ、「一触即発 禅ガール」「ギガンティックo.t.n」「さよならメモリーズ」などを怒涛のノンストップでパフォーマンス。バンドの生音に合わせて歌うボーカロイドたちは、まるで現実の存在として生命を吹き込まれたかのようだ。

アンコールでは、出演者全員がステージに上がりniconicoを象徴する楽曲「ぼくとわたしのニコニコ動画」を合唱。観客もサビで「ニーコニコ動画!」と声を張り上げ、ラストには出演者と観客が全員でボーカロイド曲「桜ノ雨」を合唱した。

8時間の公演にも関わらず、時間が経つにつれ会場はヒートアップし、来場者は大量のサイリウムを暗闇のなかで振り続けた。最後には、百花繚乱が目に涙を浮かべ「すぐにネット上で会おう!」とあいさつし、拍手喝采のなか「ニコニコ超パーティー2015」は幕を下ろした。

<関連サイト>
「ニコニコ超パーティー2015」 http://choparty.jp/
「ニコニコ超パーティー2015」に「GACKT presents 神威♂楽園」が参戦決定! http://www.entameplex.com/archives/24744