Entame Plex-エンタメプレックス-

新山詩織、来春公開の市原隼人主演作「ホテルコパン」の主題歌に決定!


シンガーソングライター:新山詩織の新曲「もう、行かなくちゃ。」が、2016年2月13日公開の映画『ホテルコパン』の主題歌に起用されることが明らかになった。

本作は、1998年の長野オリンピックから18年がたった白馬村のホテルで巻き起こる“グランドホテル形式”の群像劇。当時の活気を取り戻そうとするホテルコパンに集った理由あり10人のそれぞれの壮絶な人生の山場がぶつかり合っていくさまを描いており、主題歌の歌詞は、新山がこの映画に向けて書いたもの。

そんな本作の主演を務めるのは市原隼人。キャストには、主演の市原をはじめ、近藤芳正、清水美砂、大沢ひかる、前田公輝、水田芙美子、栗原英雄、玄理、大谷幸広、李麗仙といった個性豊かな面々が名を連ねており、オリジナリティ溢れる多様なキャラクターたちが絶望へ向かっていくノンストップの群像劇のクライマックスは、まさに必見の仕上がりとなっている。

なお、新山は12月5日の仙台公演を皮切りに全国6箇所に及ぶデビュー3周年記念ライブツアーの開催を控えている。

© 2015 and pictures

<関連サイト>
新山詩織 http://niiyama-shiori.com
映画『ホテルコパン』 http://hotelcopain.com
ギターを弾きながら歌い上げる、いま話題の“ギタ女”の魅力とは? http://www.entameplex.com/archives/11233