Entame Plex-エンタメプレックス-

lecca“最新作が一番だって思える自分でありたい。そう思えなくなったら辞める”


“ここで出さないと一生出さないんじゃないかと……”
自身初のベスト・アルバムをリリースするにあたって、そう答えてくれたlecca。
レゲエを軸に、オリジナリティ溢れるサウンドを展開してきた彼女のいわば集大成とも言える今作『BEST POSITIVE』。そこには、数々の代表曲とともにleccaが歩んできた人生そのものがパッケージされている。アーティスト人生10周年を迎えた彼女にこれまでを振り返ってもらいつつ、今後の展望についても話を聞いてみた。leccaが考える音楽感、そして本当に伝えたいこととは……。

――デビュー10周年を迎え、今の率直な気持ちは?

「実は人に言われて10周年なんだって知ったんです……気付かなかったんですよね(笑)」

――では、この10年間で印象に残っていることなどは?

「それはいっぱいあります! その中で、生きていて良かったって思ったのはショーン・ポールに出会えたこと。一生懸命頑張っていれば架空の存在、神のように思っていた方と出会えるという象徴的な出来事でした。彼以外にも井上陽水さんやRHYMESTERさんなどと一瞬でも同じステージに立ち、一緒に声を出す仕事をさせてもらったことは人生の財産みたいなもので、かけがえのない経験でした」

――そんなRHYMESTERさんとの楽曲『Sky is the Limit』も収録した今作『BEST POSITIVE』。意外にもベスト・アルバムは今回が初なんですね。

「ずっと断っておりまして。なぜならオリジナル・アルバムを作りたいから。ベストを発売するとなると少なからず制作時間が削られてしまう。私はその時間も制作にまわしたくてお断りしていたんですけど、10周年を迎えて楽曲が200曲以上もたまりまして。ここで出さないと一生出さないんじゃないかなと。あとは、ここで一度仕切り直しの意味も含めて今回出すことにしました」

――楽曲もそれだけあると選曲も大変だったのでは?

「最後の3曲ぐらいの椅子取りゲームが大変でしたけど、それ以外は鉄板曲というか、ファンの方に聞いても間違いなく入るような曲を入れました。なのですごくわかりやすく、私のことを知らない人に知ってもらう上でもいい名刺代わりになる、そんな作品になりましたね」

――昔の曲を今改めて聴いてみてどうですか?

「当時自分が向き合っていたものが思い出されるというか、昔の感情が蘇りますね」

――そこに恥ずかしさとかはあります?

「めちゃくちゃあります(笑)。でも、それをこらえて聴き直すことで得るものもあるんですよ。昔は拙いし細いんですけど、強い。今は今で図太くなってるんですけど(笑)、当時は弱々しい中で頑張って強くなろうとしていて、なおかつ芯のようなものがあるというか……それは独りよがりだったかもしれないし、単なる強気かもしれないけど、そこには間違いなく今より若い、迸るエネルギーみたいなものもあるんです。それは今の私には出せないものだったりするので、すごく勉強になったりするんですよ。例えば『ちから』とかもすごく歌詞が強くて、今の私が聴くと説教されているみたいで嫌な気持ちになることもあるんですけど(笑)、言って欲しかったなっていうことがいろいろ詰まっていたりして」

――『ちから』は2010年あたりですね。当時は相当強かった?

「怖いものがない時期だったかもしれないですね。私も年を経て、子どももできて、いろいろな変化があって、見える景色も変わって丸くなったと思うんです。そうなると攻撃性は失われて、むしろ博愛主義、人類愛的なところが伸びてきて『ねがい』(新曲)のような曲もできるんですけど、当時はちょっととんがって強かった時期だったんですよね。今は当時ほど強い気持ちにはなれないけど、今は今で当時持ってないものもある。そうやって人生と一緒に歩める曲があるのは、シンガーソングライターならではの強みですよね。恥ずかしさがありながらも、当時の自分も今の自分もどっちも自分であり、それでいて結局私は最新の自分が一番好き。アルバムも『tough Village』と『前向き』が一番好きなように『パワーバタフライ』は強いし、『BIG POPPER』も楽しいんですけど、レゲエ回帰ができた『tough Village』とポジティブな気持ちを思い出させてくれた『前向き』が自分の中ではやっぱりトップなんですよ。そして、これからも最新作が一番だって思える自分でありたい。そう思えなくなったら辞めるし、そう思い続けるためにも今回はベストが必要だったと思うんです。7月に子どもを生んでツアーをやって、そこからすぐに次のアルバムを作るとなると多分テンパっちゃって、どこか妥協が生まれてくる可能性もあって。アルバムはちゃんと作りたい、だからこそベストで一度時間をおかせていただいて、次の作品も余裕を持って挑みたかったんです」

――今回の作品の中で、アーティスト人生の転機になった曲というと?

「世間的には『For You』だと思うんですけど、自分的に大きいのは『My measure』と『ちから』ですね。『For You』は少し特殊で、お客さんからのメッセージを元にしてまとめるような感じだったので、自分から100%ではなかったんですよ。でも、この2曲は自分から100%出した曲で。とにかく聴いてくれる人を元気付けたいという気持ちや自分の立ち位置や使命感、情熱などがすごく詰まっていて、それまでとそれからの意識も変わった曲。初期のころは自己満足というか自分が書きたいから、好きだから書いていたような感じでしたけど、ワンマンで全国ツアーをやらせてもらうようになって、『For You』でたくさんの人からメッセージをいただいて、自分の曲が人の人生に響くようなことがあるという自覚、この2曲はそれがすごく出ていたと思うんです。どうしたら聴いた人たちの人生に役立てられるのかを考えて作っていたというか」

――ただ全曲どれもポジティブなところは全然変わりませんね。

「そこはむしろ磨きがかかった感じもしますね。それは私が出会ったレゲエのおかげだと思います。私はジャパニーズ・レゲエがすごく好きで、諸先輩方のポジティブなライヴを見て育ってきたので。彼らが発信する前向きな姿やメッセージは、私の中に今でも残っていて、そのおかげで自分は前を向いていられるのかなと思います」

――レゲエのメッセージってJポップとはまた違った魅力がありますよね。

「すごく強いですよね。たまに言っちゃいけないことが入ってたりしますけど(笑)。でも、それもアーティストのさじ加減で、何を伝えたいかですよね。私はJポップを聴いてきた人たちにレゲエの持っている強い心の持ち方、あり方をちょっとでもエッセンスとしてしみ込ませて伝えたい。会社や学校に行きたくないときに、ちょっとでも何か変われるかもしれないって意識を転換させたり、やりたいことを思い出させたり、少しでも高みを目指すきっかけになればいいなと思っていて。音楽はそれだけの起爆剤になると思いますし」

――ただ、今回唯一収録されている新曲『ねがい』はレゲエというより、大人なバラードに。

「ドラマ(「最高のオヤコ」)の主題歌ということもあって、幅広い世代の方が聴いてくださるよう考えてできた曲で、私の曲の中でもすごくわかりやすくて文字数の少ない、珍しい感じになりましたね。ただ、私自身レゲエ100%の人ではなく、ポップもロックも好きで、どういった形が最も伝えられるかを常に模索しているんです。この曲をきっかけに今後どうなっていくのか、それは自分でもちょっと楽しみなところですね」

――今年は1月にベスト盤をリリースし、4月にはすでにアニバーサリーライヴも決まっていたり、なんだかんだまた忙しそうですね。

「その予感だけはありますね(笑)。2015年は『前向き』を出してツアーして、個人的には出産もあったりと綱渡り状態で、自分でも大丈夫かなと思いながら走り抜けた1年でしたけど、今年はさらなる綱渡りが続いていく1年になりそうです。終わったときに健康で立っていられたら御の字ですね(笑)」

――そこにはオリジナル・アルバムの制作も。

「ありますね。そのためのベスト盤でもあるので。先日6、7年ぶりに製作用のパソコンも買い替えたので、まずはそれを整えてまた曲作りに励んでいきたいです」

<関連サイト>
lecca http://avex.jp/lecca/
lecca、ツアーファイナル公演で初のベスト盤リリース&野音ライブ開催を発表! http://www.entameplex.com/archives/25471
サッカー日本代表・宇佐美貴史選手、leccaの「My measure」MVに友情出演 http://www.entameplex.com/archives/26804