Entame Plex-エンタメプレックス-

“Let it Go”に続け! Dream Amiがディズニー映画最新作『ズートピア』主題歌&声優に挑戦


4月23日より公開となるディズニー映画最新作『ズートピア』の日本版主題歌をDream Amiが担当する事が決定した。さらに、ズートピアのスーパースター“ガゼル役”として日本版声優に挑戦することが発表された。

日本で社会現象にまでなった『アナと雪の女王』の「Let It Go」に続く、本作の主題歌「トライ・エヴリシング」はヒロイン・ジュディが夢を叶えるため大都会“ズートピア”へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲。一度聴いたら忘れられないアップテンポな曲調に「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められた、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングとなっている。

今回大抜擢となったDream Amiは「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております。ご期待に沿えるよう、そして、映画『ズートピア』を盛り上げられるよう全力で臨ませていただきます」と意気込みを語り、「キャラクターの一人一人がとても可愛く魅力的なので、一気にファンになりました。ヒロインのウサギのジュディが困難を乗り越え、夢を叶えていく姿にはとても共感でき、改めて自信を持つ事の大切さや、夢に向かって突き進む勇気を持つ大切さを教えてもらいました」とコメント。

また、本作のプロデューサーを務めるクラーク・スペンサーは「この曲のポジティヴなメッセージを見事に捉え、感情たっぷりに歌い上げていて、本当に素晴らしいですね。ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた想いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかりと伝わって来ます」と、Dream Amiを称賛。

さらに、本作でミュージック・スーパーバイザーを務めたトム・マクドゥ―ガルは、Dream Amiについて「日本語バージョンを作るにあたり、Dream Amiの歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました。もともとJ-Popが大好きなんですが、彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思いますよ」と起用の経緯を明かし、彼女の歌を絶賛している。

『ズートピア』は、4月23日(土)より2D/3D全国ロードショー!

©2016 Disney. All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia

<関連サイト>
『ズートピア』 http://www.disney.co.jp/movie/zootopia
Dream Ami http://ami-ldh.jp/
Dream Ami、Dreamメンバーのサプライズ登場に感極まり涙 http://www.entameplex.com/archives/22647