Entame Plex-エンタメプレックス-

成海璃子「すごく頼もしかった」映画『無伴奏』恋人役の池松壮亮を絶賛


3月26日(土)より全国公開となる映画『無伴奏』の特別試写会が26日、物語の舞台である仙台で行われ、主演の成海璃子をはじめ、原作の小池真理子、そして、矢崎仁司監督が登壇した。

本作は、直木賞受賞作家・小池の半自叙伝的同名小説を、矢崎監督の手により、主演の成海のほか、池松壮亮、斎藤工ら豪華キャストで映画化。学園紛争が起きていた1970年前後の仙台を舞台に、多感な恋に揺れ動く男女の姿を繊細かつ大胆に描いた切ないラブストーリー。

映画のタイトルにもなっている『無伴奏』というのは、1969年から1981年まで仙台に実在したバロック喫茶の店名で、小池は高校時代常連で、映画化の許諾の際の条件として、仙台を舞台にすることと、バロック喫茶『無伴奏』を再現することを挙げたというエピソードが明かされ、当時の『無伴奏』オーナーも試写に駆けつけた。

小池は、「試写で、成海さんのしゃべり方とか間合いの取り方とかちょっと勝気なところを観ながら、ちょっと図々しいんですけれど、当時の私にそっくりだったので本当に感激しましたし、胸がいっぱいになって、席を立てなくなってしまうくらいでした。池松さんは、バロック喫茶『無伴奏』で出会って、ちょっと付き合ったことのある、仙台一高の学生にちょっと似ていてびっくりしました(笑)。斎藤さんの鬼気迫る演技は、ぴったりで素晴らしかったです。エマ役の遠藤新菜さんも私のイメージ通りで素晴らしかったです」と絶賛。この日の舞台挨拶では、小池が本編にカメオ出演していることが明らかとなり、「煙草を吸うだけなのに、久しぶりに5本位立て続けに吸って、とてもクラクラしました」というエピソードも飛び出した。

本格的なラブストーリーは本作が初めてだった成海は、「池松君はすごく頼もしかったです。私は今回(響子という大変な役で)いっぱいいっぱいだったけれど、池松君が現場に来る日はちょっと嬉しかった程支えになってくれたし、安心して、すごく信頼して撮影できました。一緒に戦った“戦友”という気がします」と話した。

矢崎監督は、「思春期の響子が少女から大人の女性に変わる瞬間、人が変わる瞬間は美しいので、その場に立ち会えたことが嬉しいです。その美しい瞬間をぜひ観て下さい」とメッセージを送った。

映画『無伴奏』は、3月26日(土)より 新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー。

©2015 「無伴奏」製作委員会

<関連サイト>
映画『無伴奏』 http://mubanso.com/
斎藤工&遠藤新菜、濃密なラブシーンを演じた映画『無伴奏』の予告編が解禁 http://www.entameplex.com/archives/27040
予告編が話題を呼んでいる映画『無伴奏』から新たな場面写真が公開 http://www.entameplex.com/archives/27350