Entame Plex-エンタメプレックス-

斎藤工のキスはマンゴー味!? 池松壮亮&遠藤新菜の暴露に会場沸く


3月26日(土)より全国公開となる映画『無伴奏』のホワイトデー・プレミア試写会が14日、都内にて行われ、主演の成海璃子をはじめ、キャストの池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、そして、矢崎仁司監督が登壇した。

本作は、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、矢崎監督の手により映画化。学園紛争が起きていた1970年前後の仙台を舞台に、ある喫茶店で出会った若い男女4人の運命を繊細かつ大胆に描いた切ないラブストーリー。

小池の小説のファンだったという矢崎監督は「この作品はどうしても私が撮りたい。私しか撮れない! という思いで挑みました」と熱弁し「初めて池松くんと会った時『僕らは裸になればいい。この映画を成海璃子さんの代表作にしましょう!』と言ってくれた。僕は(『神童』の)中1の成海璃子に恋して、この少女が大人になる場に立ちたいと思っていたその夢が叶いました」と感慨を口にした。

そんな監督の言葉を受けた成海は、主人公・響子を演じるにあたり「脚本を読んだ時から思っていましたが、響子は全てを背負って生きていかなきゃいけない。そのために覚悟が必要な役だと思いました。現場で池松さん演じる渉を好きになろうとしていました!」と強い意思をもって臨んだと力強く語った。

斎藤もこれらのシーンについて「1年前の撮影で寒い時期だったんですが、衣裳を着てないシーン……肌と肌を合わせるシーンが結構あります。誰とかはお楽しみですが(笑)。相手の体温を欲し、暖をとる……人って温かいと感じた冬でした」と意味深に語り、会場を沸かせた。ちなみに斎藤は、リップクリームを現場で使用していたそうで、その“味”について「相手が好きそうなものに合わせてました」とニヤリ。すると、池松が「僕(のキスシーンのとき)はマンゴー味でした(笑)」と暴露。続いて遠藤も「私もマンゴー味でした!」と告白して、会場の笑いを誘った。

最後に矢崎監督は「(『無伴奏』が描いているのは)人が変わる時、時代もちょうど変わる時で、変化する瞬間というのは本当に美しくて、少女から大人になった成海璃子の変化するところを、その美しさを見てほしいです。映画って1回観ると“観た”ってことになっちゃうんですけれど、好きな音楽のように、好きな絵画のように、繰り返し観るに耐えうる映画を作り続けています。恋人と喧嘩をした時など色んな感情の時に何回でも映画を観に来て欲しいと思います。全く違うように感じられるかもしれません。お友達にも薦めて下さい」とアピールして締め括った。

映画『無伴奏』は、3月26日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー。

©2015 「無伴奏」製作委員会

<関連サイト>
映画『無伴奏』 http://mubanso.com/
成海璃子「すごく頼もしかった」映画『無伴奏』恋人役の池松壮亮を絶賛 http://www.entameplex.com/archives/27569