Entame Plex-エンタメプレックス-

劇団EXILE青柳翔独占インタビュー! 『HiGH & LOW』に続く新作主演映画『たたら侍』を語る


縁結びの神として知られる出雲大社があることなどから“ご縁の国”と銘打ちプロモーション活動を行う島根県。本日17日、都内にてそんな島根県のイメージキャラクターを2年連続で務める劇団EXILEの青柳翔、EXILE&三代目 J Soul Brothersの小林直己、EXILEのAKIRAの3人が溝口善兵衛島根県知事とともに『ご縁の国しまね』プロモーションプレス発表会に登壇した。

この日は3人が登場する新たな島根県のプロモーション用ポスタービジュアルと映像が初公開。昨年はスーツ姿だったポスターが、今年は3人が出演する島根を舞台にした映画『たたら侍』(2017年公開予定)の衣装でもある武士姿へとモデルチェンジ。その仕上がりを見た溝口知事が「一段とキリリとしていい」と褒めちぎると、AKIRAも「青柳と僕は人間味溢れる感じなんですけど、(小林)直己はハンパない圧が出てる(笑)。“直己侍”はめちゃくちゃかっこいい」と絶賛。

また、会場では4人のトークセッションも行われ、島根県に関するものから、映画「たたら侍」についてまで幅広く展開。その中で青柳、小林、AKIRAは島根の人々の温かさに触れると同時に伝統、歴史ある同地にべた惚れしたことを明かし、「今でも島根の方々と親交があり、たくさんのことを教えてもらった」(AKIRA)、「日本の素晴らしさを感じられる場所であり、その歴史などを感じられて本当によかった」(小林直己)とその魅力を存分に語っていた。

なお、このイベントでは映画『たたら侍』の舞台になった撮影場所が今夏EXILE15周年記念企画の一環で「出雲たたら村」としてオープンすることも発表に。映画のオープンセットが体感できるとともに、時代劇ならではのアトラクションやオリジナルグッズなども用意され、新たな観光スポットとして誕生する。

今回はイベント終了後、青柳翔に独占インタビューを敢行。
映画「たたら侍」こと、そして今話題のプロジェクト『HiGH & LOW』について話を聞いた。

――今日はお疲れさまでした。映画『たたら侍』では今回主演を務められますが、何か特別意識したことはありましたか?

「主演ということに対してそこまで意識することはありませんでした。ただ、現場のスタッフさんなどは僕ら以上に長い時間働いていましたし、スタッフさん以外にも島根県の方々を含め大勢の方に協力していただいたので、みなさんとより深くコミュニケーションをとり、それこそ一緒に食事に行ったりなどして心から協力してくれる体制を自分自身で示さなくてはいけないなと気をつけて撮影していました」

――確かに今回のセットはものすごいですね。あれを作るだけでも相当な時間がかかっているんだろうなと。

「大道具さんをはじめ、今回の映画に携わっている方は半年から一年近く島根にいたと聞いています。それぐらい大掛かりなプロジェクトでもあるので、そういったスタッフさんのためにも熱い気持ちで撮影に望まなくてはいけないと思っていました。そして、それをしっかりとみなさんに伝えていけるよう精一杯演じました」

――今回は主演ということでプロデューサーのHIROさんからの期待も大きかったと思いますが、撮影前に何かアドバイスなどはありましたか?

「『たたら侍』ヤバいねとか、頑張ってということはたくさん仰っていましたし、撮影中は感謝してもしきれないくらいの差し入れをいただいて。HIROさんはよく“俺は差し入れ番長になる”と公言されていますが、本当にスゴかったです(笑)。でも、それが本当にありがたかったですし、HIROさんには本当に助けられたと思っています」

――青柳さんが思う今作の見所は?

「島根県の美しい景色を切り取っていることはもちろん、今回は本当に贅沢に撮影させていただきまして、何度も時間をかけて撮り、何度も撮影を重ね、最高の景色を撮るために毎朝スタッフさんが朝早くから準備したり、そういったことを積み重ねた魂のこもった作品になっていますので、1カット1カット全てが見所だと思います」

――数あるシーンの中でも究極の鉄づくりである「たたら吹き」の場面は火が迸り、本当に迫力があって圧倒されました。

「あの火は本当に熱かったんですけど、そこに立ち向かう姿勢が日本刀を作る上で欠かせない“玉鋼”に宿るということが実感できる、実にスゴい撮影現場でした」

――この『たたら侍』の前に、現在はドラマ、そして映画となる『HiGH & LOW』シリーズが大きな盛り上がりを見せていますね。

「そうですね。現在はテレビドラマ版のシーズン2とともに『ROAD TO HiGH&LOW』が公開していまして、その後映画『HiGH & LOW THE MOVIE』、そしてライブとさらなる展開が待ち構えていたりと、『HiGH & LOW』は壮大なプロジェクトになっています。映画ではたくさんの素敵なキャストが集結し、多くの人の思いが交錯するスゴい作品になっているので、ぜひ楽しみにしていただければと思ってます」

――『HiGH & LOW』で青柳さん演じる九十九は男気に溢れた素敵な役柄ですが、自身と被る部分とかありますか?

「僕と被るかどうかはわかりませんが、九十九はAKIRAさん演じる琥珀さんを支えるというか、なぜあそこまで愛があるのか、そしてMUGENを家族と思いそこに縋っているのか。彼には家族がいない分、MUGENに執着する九十九をしっかりと演じきれればと常に思っていました」

――『HiGH & LOW』で青柳さん演じる九十九は男気に溢れた素敵な役柄ですが、自身と被る部分とかありますか?

「僕と被るかどうかはわかりませんが、九十九はAKIRAさん演じる琥珀さんを支えるというか、なぜあそこまで愛があるのか、そしてMUGENを家族と思いそこに縋っているのか。彼には家族がいない分、MUGENに執着する九十九をしっかりと演じきれればと常に思っていました」

――昨年は『極道大戦争』でも個性的な役柄を熱演し、そして『HiGH & LOW』に『たたら侍』と俳優として着々とステップアップされていますが、青柳さんの今後の展望を教えてください。

「僕自身は全然まだまだだと思っています。もっともっと突き詰めていかなくてはいけないと思っていますし、今後もたくさんの監督、そして素敵な俳優さんと出会い、いろいろなものを吸収して自分の理想とする俳優を目指して頑張っていきたいと思っています」

<関連サイト>
劇団EXILE:青柳翔「必ず日本が誇れる映画に」EXILE AKIRA、小林直己とともに島根県をアピール
http://www.entameplex.com/archives/21202

EXILE AKIRA、『マッドマックス』最新作で声優初挑戦! 主人公マックス役に「嬉しさで一杯」
http://www.entameplex.com/archives/19996

EXILE&三代目JSB:小林直己、「いつかドーム公演で居合いを……」
http://www.entameplex.com/archives/17593

青柳翔 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/aoyan0412/