Entame Plex-エンタメプレックス-

ZARD、坂井泉水9回目の命日に25周年記念ライブ開催! 色褪せぬ全33曲に超満員の会場がひとつに


東京、大阪で全3公演が開催され、6500人を動員したZARDデビュー25周年記念ライブ“What a beautiful memory ~25th Anniversary~”が、5月27日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで最終公演を迎えた。

坂井泉水の歌声と映像がバンドの生演奏とシンクロし、臨場感に満ちたステージを展開するこのライブ“What a beautiful memory”は、坂井の追悼ライブとして2007年~2009年、そして20周年の2011年に行われて以来、実に5年振りの開催。チケットは全公演完売となり、変わることないZARDの人気の高さを見せつけた。

最終公演が行われた5月27日は、ボーカル・坂井の9回目の命日。会場には献花台も設けられ、思い思いの花束を手にしたファンの列は途切れることなく続く。また、この日のチケットを持たないファンも多く、開場後にも周辺で献花台を撮影する人、献花後に駅に向かう人の姿も多く見られた。

ライブは「負けないで」でスタートし、ストリングスに合わせ手拍子が起こる。そして、ステージ中央に置かれたマイクにライトがあてられると同時に、坂井の歌声が流れる。

“ZARDのライブにようこそ。今日は楽しんでいってください!”

同時に会場中から歓声があがるとともに始まったのは「揺れる想い」。この曲は、坂井が生前行ったライブ(1999年船上ライブ、2004年“What a beautiful moment Tour”)でオープニングを飾った曲であり、今回のバンドメンバーのほとんどが1999年、2004年のライブにも参加したゆかりのミュージシャンたちということで、まるで当時を再現しているかのようだ。ステージに置かれたマイク、そしてチェアとテーブルは2004年のツアーで実際に使用されたものであり、センターステージの坂井を囲むようなバンドの配置からもその印象は強い。しかし、過去のライブの再現ではなく新たなZARDのライブなのだということを、早くも4曲目「Listen to me」から実感することになる。この曲は過去のどのライブでも演奏されていない初披露曲。イントロが流れると会場から声があがる。スクリーンに映し出された坂井の歌唱映像も初公開であり、人々の目は釘づけとなっていた。そのほか、「サヨナラ言えなくて」「二人の夏」「気楽に行こう」が初公開映像とともに今回のライブで初披露された。

さらに、ZARDゆかりのアーティストたちがゲストとして登場。大野愛果のピアノとともに「少女の頃に戻ったみたいに」、徳永暁人のアコースティックギター&コーラスとともに「永遠」、小澤正澄のギターとともに「愛が見えない」、池田大介のピアノとともに「My Baby Grand ~ぬくもりが欲しくて~」等が次々と演奏され、会場の熱はさらに高まっていく。途中、バラードの名曲「遠い日のNostalgia」「Forever you」では、ZARDカラーのサイリウムが会場中を埋め尽くした。

曲に合わせて静かに揺れる青い光がステージ上のスクリーンの坂井の映像とともに映し出され、どこか厳粛で幻想的な雰囲気が漂う。青い光を手にしたそれぞれの人の胸に、坂井泉水への想いがやさしく染み渡っていく時間だったに違いない。また、ライブ中盤には、ZARDのプロデューサーでもある長戸大幸が手掛ける新プロジェクト“d-project”の第一弾アルバムとしてリリースされた『d-project with ZARD』のバージョンで「愛は暗闇の中で」がプレイされ、新たなZARDの魅力をオーディエンスに発見させた。

ライブは後半にさしかかり、MCの「ZARDデビュー25周年に相応しく、さらに会場一体になって大いに盛り上がっていきましょう!」の言葉を受けて、「心を開いて」のイントロが始まると、アリーナから3階席までオーディエンスが一斉に立ち上がる。「Today is another day」から「マイ フレンド」、そして「Don’t you see!」と、ヒット曲が立て続けに披露され、熱気に包まれたまま本編は終了するも、沸き起こったアンコールの声を受けて、ライブが再びスタート。

アンコール開始とともに会場は再び総立ちとなり、「こんなにそばに居るのに」のインスト演奏とともにバンドメンバーが次々とスクリーンに映し出されると会場からも歓声が上がる。坂井の歌声と歌詞の魅力がダイレクトに伝わってくる今回のライブは、坂井へのリスペクトと確かな技術と豊かな感性を持った彼らが居るからこそ実現したものなのだろうと、改めて感じた人も多かったに違いない。会場の熱気はさらに上がり続け、ついに最後のパフォーマンス。「ZARDが永遠のスタンダードになることを願ってやみません」という言葉に続いて、数々のファン投票で1位を獲得した大人気曲「あの微笑みを忘れないで」、そしてまさに国民的スタンダードナンバーである「負けないで」が披露された。

“♪負けないで もう少し 最後まで走り抜けて”
サビでは全てのオーディエンスが、ステージに向かって腕を力強く振り上げる。その口元は、坂井が歌うその歌詞を同じく辿る。バンドメンバーも一緒だ。まさに会場中が一体となった「負けないで」の演奏。

“どんなに離れてても 心はそばにいるわ”
坂井の歌声、歌詞、映像とバンドの生演奏、そしてファン一人ひとりの心の中に在る坂井への想いが重なって作られた“ZARDのライブ”。奇跡とも言うべき出逢いにより生まれた感動の空間が、ついにフィナーレを迎えた。
坂井泉水のフォトがスクリーンに映し出されると、バンドのメンバー、ゲストアーティストが振り返り拍手を贈る。会場からも惜しみない拍手が贈られる中、メンバーはステージに届けられた坂井のフォトパネルとともに、このライブで一体となったオーディエンスへと向けて一礼。
約2時間半に渡り全33曲の楽曲が披露されたライブへの尽きることない拍手は、ZARDが“永遠のスタンダード”であることの何よりの証明でもあった。

なお、この日開催されたZARD 25周年記念ライブ最終公演の模様が、7月17日(日)21時よりWOWOWにて放送されることが決定した。

25周年記念ライブ『What a beautiful memory ~25th Anniversary~』
SET LIST(東京公演)

01. 揺れる想い
02. 君に逢いたくなったら…
03. Season
04. Listen to me(初公開)
05. 息もできない
06. 好きなように踊りたいの
07. サヨナラ言えなくて(初公開)
08. Top Secret
09. もう少し あと少し…
10. ハイヒール脱ぎ捨てて
11. 二人の夏(初公開)
12. 少女の頃に戻ったみたいに
13. かけがえのないもの
14. 永遠
15. 愛は暗闇の中で(d-project Ver.)
16. 来年の夏も
17. 遠い日のNostalgia
18. Forever you
19. 愛が見えない
20. My Baby Grand 〜ぬくもりが欲しくて〜
21. 運命のルーレット廻して
22. 気楽に行こう(初公開)
23. 心を開いて
24. Today is another day
25. きっと忘れない
26. 雨に濡れて
27. 君がいない
28. マイ フレンド
29. Don’t you see!
30. Oh my love
31. こんなにそばに居るのに
32. あの微笑みを忘れないで
33. 負けないで

<関連サイト>
ZARD、坂井泉水ゆかりの地・六本木に特別展示ギャラリーが期間限定オープン!
http://www.entameplex.com/archives/28739

May J.「また新たな発見と気付きがあった」新曲レコーディングにつんく♂&小室哲哉が再び揃い踏み!
http://www.entameplex.com/archives/29342

ワンオク、今夏開催の単独野外ライブ詳細を発表!
http://www.entameplex.com/archives/29315