Entame Plex-エンタメプレックス-

鈴木奈々もびしょ濡れ!? 忍者をテーマにしたパーティーが開催でござる

泡パーティーやカラーパーティー、エレクトリカル・ランなど、最近のパーティー・シーンはどんどん多様化している。ところが、いろいろなイベントに顔を出す人でも驚きのパーティーが6月12日に東京・お台場のシンボルプロムナード公園セントラル広場で開催された。

その名も「忍NINパーティー」、通称“忍パ!”は、参加者が忍者を連想する衣装に扮し、コース上にある様々なアトラクション(仕掛け)をクリアするというものだ。会場には、コースのほかに手裏剣打ち&吹き矢などの体験エリアや、忍者グッズが購入できるブース、 忍者おすすめのグルメを楽しめるフードエリアなどもあり、中央ステージでは伊賀忍者特殊部隊「阿修羅」がパフォーマンスを見せるなど、様々な催しが用意された。

「実は東京はそれなりに忍者にゆかりのある土地なんです。でも、本格的なイベントや施設などはあまりない。ですので、この“忍パ!”で忍者に興味を持ってもらうきっかけになれば」このイベントを講演する日本忍者協議会の事務局長・立石邦博氏はそう語る。また、2020年の東京五輪が近づくにつれて訪日観光客が増加するなか、日本古来のコンテンツ「NINJA」をアピールする狙いもあるようだ。

この日会場には、3,000人を超える来場者の姿が。お台場という立地からか親子連れや外国人も多く、思い思いにイベントを楽しんでいた。なんと「面白そうだから」と、仕事中らしき背広姿の男性も。しかし、なかでも一番盛り上がっていたのは、ゲストとしてイベントに出席したタレントの鈴木奈々だ。

鈴木は、参加者に混じって何度もアトラクション・コースを疾走し、会場を沸かせていた。鈴木は、「水風船よけ」や「1本橋渡り」などの仕掛けを子どもたちと一緒にクリアし、最後の難関「水上走り」では足をもつらせ、びしょぬれになりながらも何とか渡りきる。

子どもたちも開けっぴろげな鈴木にすっかりなついたようだ。中央広場で鈴木が移動するたびに、子どもらが後をついて回っていた。さらに、アトラクション終了後の抽選会では、登壇した鈴木に近付こうと子どもたちが最前列に押しかける。1等賞の「伊賀牛」の抽選で、鈴木が「牛食べたいかー!!」と声をあげると、子どもらは「オー!」と手を挙げ、レスポンスを返していた。

ときに転びながら、ずぶぬれになりながら、イベントを全力で楽しむ参加者たち。鈴木も「めっちゃ楽しかった。子どもたちと騒いでむちゃくちゃいい思い出になりました」と笑顔を見せた。

<関連サイト>
鈴木奈々、子作りに意欲「もっとダンナさんとラブラブになりたい!」
http://www.entameplex.com/archives/24925

社内恋愛はおすすめしない!? 結婚にまで行き着いた経験者が語る社内恋愛の現状
http://www.entameplex.com/archives/29699

100円で宝石が取れるかも!? 宝探しのドキドキが楽しめる「宝石キャッチャー」が大人気!
http://www.entameplex.com/archives/29468