Entame Plex-エンタメプレックス-

八代亜紀、フジロックの次はモンゴルへ!? 新曲は日本とモンゴルの文化の懸け橋に!


現在公開中の映画「ファインディング・ドリー」では吹き替え声優として参加し、さらにはエンドソングを担当。そして、先日は日本最大級の夏フェス「フジロック」に出演し話題となった八代亜紀が、ニューシングル「JAMAAS」を10月19日にリリースすることが決定。しかも、今回はモンゴルの国民的歌謡曲をアレンジした楽曲になっているという。

この「JAMAAS」は、モンゴル民主化運動の英雄で現在は芸術家として活動するドグミド・ソソルバラムが歌う同地では知らない人がいないほどの人気曲。JAMAAS=真理を意味し、深い人生観を表現しているこの曲をベースに今回八代はひとりの女性の一生を描いた歌詞とともにより歌謡曲風にアレンジ。

そもそも八代は駐日モンゴル大使が彼女のファンだったこともあり、以前からモンゴルと交流があったのだが、2015年にソソルバラムと出会い、すぐさま八代はこの曲に魅了されたとか。そして、日本にもこの曲を伝えたいという思いから、今回のリリースが決定。
リリースにあたって八代は「初めて『AMAAS』を聞いた時、言葉は全く違うのに伝わってくる楽曲の持つパワーに圧倒されました。そして、この素晴らしいメロディーをぜひ多くの日本の方にも聞いてもらいたいと思い、伊藤薫先生に”運命”や”摂理”といった原曲の持つテーマを活かした素晴らしい日本語詞を付けていただき、若草恵先生には、私がモンゴルで見た大自然の光景のような、ドラマチックでスケールの大きいアレンジを付けていただき、日本版『JAMAAS』が完成しました。この日本版『JAMAAS』には、子守唄代りに聞かされていた謂わば私の音楽のルーツである浪曲も登場します。この度、モンゴル国より文化大使という大役を拝命いたしました。そして、モンゴル公演で早速「JAMAAS」を歌唱させていただく機会を得ることとなり、とても光栄に感じています。この曲が日本とモンゴルの文化の懸け橋になればうれしいです」とコメント。

なお、八代は今年5月にモンゴル大使館よりモンゴル国文化大使に任命され、7月31日には首都・ウランバートルで「日本モンゴル文化交流コンサート」を開催。さらに、ソソルバラムより「モンゴルを代表するパワースポットでぜひ一緒に歌ってほしい」と強く要請され、8月3日にはウランバートルから約300キロ離れた奇岩景勝地イフガズリーンチェローにて、「JAMAAS」を献歌する予定になっている。

<関連サイト>
八代亜紀、どうなる真夏のロックフェス!? 開催直前インタビュー
http://www.entameplex.com/archives/30508

柴田恭兵、“セクシー大下”を彷彿とさせる幻のライブ映像が初のDVD化で蘇る!
http://www.entameplex.com/archives/30688

平井堅は未だガラケー!? 自撮り棒片手にゲリラ出没で原宿大パニック!
http://www.entameplex.com/archives/30691