Entame Plex-エンタメプレックス-

吉本実憂インタビュー「意味もわからず泣いてました……」劇場版『HiGH&LOW』第二弾を語る


ドラマをはじめライブやコミック、そして映画などかつてないスケールで展開中の一大プロジェクト『HiGH&LOW』。その映画第二弾となる『HiGH & LOW THE RED RAIN』がいよいよ10月8日公開に!
今作ではこれまで謎に包まれていたTAKAHIRO演じる雅貴&登坂広臣演じる広斗による雨宮兄弟にフォーカスがあてられ、彼らが心酔する最強の兄:尊龍役として斎藤工が出演。『HiGH&LOW』の知られざるアザーサイドがたっぷりと描かれているわけだが、今作のキーとなるのが謎の少女・成瀬愛華。
今回はそんな愛華役を演じた吉本実憂にインタビュー!

『HiGH & LOW THE RED RAIN』の魅力について聞いてみたのだが、話が進めば進むほど話題は尊龍のことばかり……。吉本実憂は尊龍にゾッコン!?

――『HiGH&LOW』は見てました?

「少ししか見てなくて……(苦笑)。『HiGH&LOW』というプロジェクトはメディアでも大きく取り上げられてましたから、スゴく大きなプロジェクトだなと思っていました。今回映画に出演させていただくことが決まり、改めてドラマシーズン1、2、映画『HiGH&LOW THE MOVIE』と全部見させていただきました」

――シリーズ全作を見てどうでした?

「一番印象に残ったのはやっぱりアクションですね。動ける人って本当にスゴいなって思います。アクションもひとつの表現ですし、そこは素直に尊敬しています。私もいつかアクションがやりたいと思っているので、あの姿には憧れますね」

――物語は完全に男の世界といった感じですが、ああいった世界をどう思います?

「大変そうだなって気がします(笑)。正直、客観的に見る分にはすごくかっこいいと思いますが、実際は……」

――今回はそんな世界に飛び込み、なおかつこれまでのシリーズで現場の雰囲気もできあがっていただろうと思いますが、最初はやはり緊張しました?

「していないと言えば嘘になりますね。ただ、私は役をいただいたときにはいつもその人物のバッググラウンドを作ることに時間をかけているんです。今回も成瀬愛華という人物のバッググラウンドを自分なりに作っていたんですけど、彼女は表面的には気が強い女性なんですが繊細な部分もあって。私自身、そこにすごく惹かれるものがあって、バッググラウンドを作れば作るほど早く現場に行きたいという気持ちになりました。プレッシャーもありましたが、それ以上に演じるのが楽しみだった気がします」

――今作は雨宮三兄弟が中心に展開しますが、この3人の中で吉本さん的には誰が一番好きですか?

「尊龍さんです!」

――即答ですね(笑)。

「撮影中、私はずっと愛華として生きさせていただいた感じがしているんですよ。作品によってオンとオフをわけたり、わけなかったりするんですけど、今回は全くわけずに日々愛華になりきっていて。家に帰った後でも尊龍さんのことを思い出したり……」

――もはや尊龍ラブですね(笑)。

「ラブというか……愛華は尊龍さんに命も心も助けられて、彼は唯一心の鍵を開けてもらった存在なんです。その尊龍さんが突然姿を消してしまって、愛華としては何でっていう感覚とどこに行ったのっていう不安、そして尊龍さんに会いたい気持ちがいっぱいで。家に帰ってもそれが抜けきれなくて、意味もわからず泣いてましたね」

――そこまで愛華に入り込んでいたと。

「そうですね……それぐらい愛華としていさせてもらったというか。尊龍さんに救われ、彼の存在があったことで私も愛華として生きさせてもらったんだと思います。TAKAHIROさん演じる雅貴さんや登坂(広臣)さん演じる広斗さんもすごく魅力的なんですけど、愛華としてはやっぱり尊龍さんが一番ですね。でも、ここまで愛華になれたことは本当に自分でもびっくりでした」

――撮影中は寝るときも愛華、朝起きても愛華みたいな感じ?

「そうなってたんじゃないかと思います……」

――そこまで愛華になっちゃうと、実生活に影響なかったですか? ちょっと強気になっちゃったり。

「ときどき出ていたかもしれないですけど、現場に行くと完全に愛華になってて、強かったかもしれないです(笑)。ただ、強いかもしれないけど、繊細な部分もあったかなって思います。今はそれでよかったな、愛華はそれでいいんだって思いますね」

――今は愛華も抜けました?

「抜けました。でも、予告編とかを見ると思い出しますね。本編の一部を見ただけでも尊龍さんに会いたいなって、愛華の気持ちになっていたり。そうなれたのもきっと尊龍さんの存在感や温かさがあったからだと思うので、本当に尊龍さんと出会えてよかったです」

――そこまで尊龍推しだと、他の2人はちょっと寂しがるかもしれませんね。

「撮影中もずっと尊龍さんの話をしていたので、みんな“またかよ……”みたいな感じでした(笑)」

――では、雅貴や広斗は吉本さんから見てどんなキャラクターだと思いました? 例えば、お兄さんだったらいいなとか、幼なじみだったらいいとか。

「この関係が楽しかったかな……私としても愛華としても、きっとこの関係性がいいと思います」

――愛華を含めた4兄弟みたいな感じもしましたけどね。

「ホントですか! それはちょっと嬉しいですね。でも尊龍さんが……」

――やっぱり尊龍(笑)。

「違うんです! なんと言うか……雅貴さんも広斗さんも尊龍さんの要素がすごくあって、だからこそ愛華はこの2人を頼れたというか……」

――尊龍ありきじゃないですか(笑)。

「ですね(笑)。でも、面影は本当に感じました。すごい三兄弟だなって思います」

――実生活でもこういったお兄ちゃんがほしいですか?

「ひとりでいいですかね(笑)。ただ、吉本実憂としてはお兄ちゃんがほしいんです。公園でキャッチボールがしたくて」

――尊龍さんはちゃんと投げてくれそうですが、雅貴はわざと変なボールを投げそうですよね。広斗にいたっては思いっきり投げそうだし。

「ですよね(笑)。やっぱり尊龍さんが一番です」

――では最後に吉本さんなりの今作の見所は?

「愛です。それは雨宮三兄弟の愛だったり、雨宮家の愛情。そして、愛華的には彼女の親子愛や尊龍さんをはじめまわりの人に対する愛。本当に愛がたくさん詰まった作品だと思います。私自身、人に何かを伝えるときは愛を持って行動したいですし、愛って生きていく中ですごく大事なこと。愛する人がいることも大切だし、愛されることも大事だと思うんです。愛というのは私なりのテーマでもあるんですが、大きな愛をテーマに表現する作品に出会えたことはすごく嬉しかったです」

――今作に出演したことで、愛に対する意識とか変わった部分はありますか?

「感謝することはたくさんありました。支えていただいているという部分でもそうですし、大切なものがあることの重要性も改めて感じましたし。私は一番大切なものは何かと聞かれたら演技なんです。演技が大好きだし、ずっとやっていきたい。実力はまだまだですけど、みなさんに演技、そして作品を見ていただいて、もしも誰かの役に立てれば……。演技って、一歩踏み出してみよう、明日から頑張ってみよう、そう思うきっかけになれるものだと思うんです。そんな大切なものと出会えたことへの感謝を今回は改めて感じました。あとは、個人的にこの“愛華”という名前がすごく好きなんですよ。“あいか”という響きも好きですし、愛の華と書くのも素敵で。この名前で出演できたことは本当に嬉しかったです」

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、10月8日(土)より全国ロードショー!

© 2016「HiGH&LOW」製作委員会

Photo by 竹内洋平

<関連サイト>
斎藤工に続き吉本実憂が出演決定! シリーズ第2弾作『HiGH&LOW THE RED RAIN』
http://www.entameplex.com/archives/31178

朝ドラ『べっぴんさん』ヒロイン・芳根京子インタビュー! 「“思いを込めて”大切に丁寧に演じたい」
http://www.entameplex.com/archives/32026

ピコ太郎中毒者続出! 「ペンパイナッポーアッポーペン」の再生回数が急増中
http://www.entameplex.com/archives/31798