Entame Plex-エンタメプレックス-

OKAMOTO’S「俺らについてきてくれ!」47都道府県ツアーを締めくくる18曲熱唱


OKAMOTO’Sが10月29日、日比谷野外大音楽堂で全国ツアー「OKAMOTO’S FORTY SEVEN LIVE TOUR 2016」のツアーファイナル公演を開催した。

OKAMOTO’Sにとって日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブは2014年の5周年イヤー公演以来2度目となる。今回は約3,000枚のチケットが即日ソールドアウトとなり、過去最大規模のワンマンライブにメンバーはもちろん、会場全体も大きな期待につつまれてのスタートとなった。

小雨の降るなか1曲目の「青い天国」から超満員の野音は既にヒートアップ、「JOY JOY JOY」「HEADHUNT」とたたみかける選曲に観客は大きく湧いた。47都道府県ツアーを乗り越え、メンバー間の結束が更に深まり、よりタフになった彼らの演奏力は大きく進化を遂げている。

OKAMOTO’Sのワンマンの醍醐味でもあるMCパートでは、彼らが月一でアップしているYoutube番組「オカモトーーーク」を彷彿とさせるゆる~いトークで締めくくると思いきや、ハマ・オカモト(Bass)からメンバーに対して「中学で出会ったこの4人で47都道府県を回るなんて夢にも思わなかった。本当にありがとう」という言葉に、3人はおどけてみせるものの感慨深い表情を垣間見せた。

中盤にはオカモトコウキ(Guitar)がリード・ボーカルを務める「ハーフムーン」「なんかホーリー」も披露され、浮遊感を漂わせるキャッチ―なサウンドが会場に染み渡っていく。

終盤に披露された「まじないの唄」では、オカモトショウ(Vocal)が「俺の夢は死ぬまで4人で音楽を作り続けることだ!」と観客を煽り、「死ぬまでとは言わないから俺らについてきてくれ!」との呼びかけで会場は最高潮に。

アンコールでは先日デジタル配信で発売された、今ツアー中にオカモトショウが急遽書き下ろした「ROCKY」を初披露。そのままの勢いで彼らの代表曲「Dance With You」を熱演。また、メンバーが去った後には観客が全員で「ROCKY」を大合唱し、47都道府県ツアーを締めくくる全18曲、2時間強のライブは大盛況で幕を閉じた。

さらに、ラストのMCではメンバーより「BL-EP」の発売が急遽発表された。新作は12月21日(水)に発売となり、映画「にがくてあまい」の主題歌として先行配信リリースされた「Burning Love」や、同世代のHIP HOPクルー“KANDYTOWN”より呂布&MUDをfeat.した音源を含む全6曲入りのEP盤となる。今作はデジタル配信とTシャツ付きアナログ盤の2形態となり、CDでの発売は予定されていないとのこと。

■OKAMOTO’S FORTY SEVEN LIVE TOUR 2016 ファイナル公演SETLIST
10月29日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

EXCLUSIVE STAGE INTRODUCTIONS by Mr.KATSUYA KOBAYASHI ~SE “47 Blues” ~

01.青い天国
02.JOY JOY JOY
03.HEADHUNT
04.BROTHER
05.うまくやれ
06.Lagoon
07.Burning Love
08.ラブソング
09.Sing A Song Together
10.エキストラ
11.ハーフムーン
12.なんかホーリー
13.Beek
14.まじないの唄
15.SEXY BODY
16.Beautiful Days

~Encore~
01. ROCKY
02. Dance With You

<関連サイト>
「デスノート」最新作に出演の川栄李奈に直撃! 彼女が憧れるのは“頭が……”
http://www.entameplex.com/archives/32513

女優・寺島しのぶが語る映画の魅力、それはただ見るのではなく“考えること”
http://www.entameplex.com/archives/32543

森下悠里が大暴走! 鼻に悩殺キスされGO!皆川「ウンチョコチョコチョコピー」
http://www.entameplex.com/archives/32519