Entame Plex-エンタメプレックス-

成海璃子×池松壮亮×斎藤工ら出演の映画『無伴奏』、函館港イルミナシオン映画祭クロージングを飾る!


9週連続全国映画動員ランキング1位をキープしていた『君の名は。』を抜き、第1位となった『デスノート Light up the NEW world』(10月29日より公開中)に、Lの後継者・竜崎役で出演している池松壮亮が、成海璃子、斎藤工らと共演した映画『無伴奏』。

映画『無伴奏』は、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化。先日ロシア・サハリン国際映画祭 IFF“ON THE EDGE”「世界の果て」のコンペティション部門で審査員特別賞を受賞したことも記憶に新しい本作だが、このたび、12月9日(金)~11日(日)に開催される第22回函館港イルミナシオン映画祭のクロージング作品に決定した。

この決定を受けて、矢崎監督は「成海璃子さん、池松壮亮さん、斎藤工さんや、みんなの映画への熱烈な愛に支えられて生まれた『無伴奏』が、映画愛の函館港イルミナシオン映画祭のクロージングを飾るなんて嬉しいです。映画館の暗闇を愛でムンムンさせますよ!」とコメントを寄せている。

函館港イルミナシオン映画祭が上映作品を選定する基準は、“「映画愛」が感じられる作品”だということ。米田哲平実行委員長は「例年、クロージングには次の開催につなげるようなイメージの映画を選んでいる。今年は『無伴奏』がそれにふさわしく思っている。それだけクオリティーの高い作品だということです」と、本作を選定した理由をコメント。

なお『無伴奏』は、12月11日(日)に北海道・函館山ロープウェイ山頂展望台2Fイベントホール クレモナで上映される。

映画『無伴奏』Blu-ray&DVD好評発売中!

<関連サイト>
遠藤新菜“身をもって形にすることが出来た” 映画『無伴奏』のエマ役で魅せた覚悟
http://www.entameplex.com/archives/28136

仁村紗和、太眉のクールビューティーが『無伴奏』で映画初挑戦!
http://www.entameplex.com/archives/28158

女優・寺島しのぶが語る映画の魅力、それはただ見るのではなく“考えること”
http://www.entameplex.com/archives/32543