Entame Plex-エンタメプレックス-

福士蒼汰、木村拓哉主演作で初の悪役に挑戦!


三池崇史監督が主演に木村拓哉を迎え“最強タッグ”で挑む規格外アクションエンターテインメント映画『無限の住人』。主人公の万次を演じる木村のほかヒロイン・浅野凜役に杉咲花の出演が発表されていたが、このたび豪華キャスト陣が追加発表された。

原作の「無限の住人」(沙村広明著)は、1993年から2012年に「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、その圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により「時代劇」というジャンルを超えたアクションコミックとして話題を呼び、累計発行部数750万部突破を誇るカリスマコミック。

今回発表されたのは、「勝つことのみを目的とする」剣客集団・逸刀流の統主:天津影久を演じる福士蒼汰を筆頭に、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵、山﨑努、田中泯、北村一輝、栗山千明、満島真之介といった個性豊かな顔ぶれ。
福士は本作で初の悪役を務めることになる。刀を使った本格的な立ち回りも初めてだったが、運動神経の良さと筋の良さは指導にあたった殺陣師の折り紙つき。万次との鬼気迫る決闘シーンは本作のみどころの一つとなった。三池監督も「今までと違う一面を自分の内面から出してきた。大変なプレッシャーすらも自分に取り込んでしまう彼の性格がうまく作用した」と太鼓判。一方、福士は「最初は悪役と聞いて、自分自身そのような役を演じたことがなかったので素直に楽しみだなと思いました。天津影久は、一本芯が通っていて、志を持って生きている人物です。ただの“悪人”というわけではないので、悪の中にある人間味をどう演じるか意識しました。三池監督とは『神さまの言うとおり』以来、2作目のお仕事になります。前回同様、自分が思う天津影久を体現していくとそれを監督が受け止め、もっとこうしようとアドバイスを下さりました。自分にとって、挑戦しながら沢山の勉強ができる現場でした。木村さんとは初めて共演させて頂きましたが、全力でぶつかってきて下さるので、自分も全力で挑むことができました。そのような環境を作っていただいたので、緊張しながらもとても刺激になる撮影でした」

逸刀流を狙う集団「無骸流」に所属し、天津を倒すべく万次に共闘を持ちかける尸良役の市原は、自分の役どころについて「間違いなくこれまで演じたことのない最恐の役でした」とコメント。また、天津がもっとも信頼を寄せる最強の女剣士・乙橘槇絵を演じる戸田は、本作が初のアクション挑戦となる。天津への思慕を秘めつつも遊女に身を投じる役どころについて戸田は「槇絵はかっこよさと儚さと可憐さもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし演じていてとても気持ちが良かったです」と語っている。2005年のドラマ「エンジン」以来の木村との共演については「久しぶりに再会して『恵梨香、何歳になったの?』と聞かれて。『27です』って言ったらすごく驚かれていました。良きお兄さん的な存在でもありましたし、アクションに関して無知だった私に、すごく丁寧にコツを教えて頂きました」とコメントしている。

映画『無限の住人』は、2017年4月29日(土・祝)より全国ロードショー!

©沙村広明/講談社 ©2017映画「無限の住人」製作委員会

<関連サイト>
杉咲花「覚悟をもって演じた」木村拓哉主演作『無限の住人』のヒロイン役に大抜擢!
http://www.entameplex.com/archives/32610

GACKT、新曲のアニメMVが完成! その片鱗が見れるCM動画解禁
http://www.entameplex.com/archives/32712

菅田将暉インタビュー! 『デスノートLNW』への出演で感じたこととは……
http://www.entameplex.com/archives/32691