Entame Plex-エンタメプレックス-

大谷翔平選手の語録集が発売! 二刀流を成し遂げた思考


北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手の語録集『不可能を可能にする大谷翔平120の思考』(ぴあ株式会社)が、2月25日(土)に発売される。

本書には、大谷選手がプロになる前、甲子園出場時から最近までの印象的な言葉を収録。その言葉の背景、解説文を、大谷選手の数々の勇姿や、ときにおちゃめな姿などを収めた写真とともに振り返る。

2016年シーズンは、投打に渡ってチームを牽引し、日本一へと導いた大谷選手。プロの世界で、投手と野手の“二刀流”という前代未聞の挑戦を続ける彼だが、入団当初は各評論家から『不可能』『非常識』と批判的な意見が目立っていた。しかし、大谷選手はこの4年間、周囲の想像を遥かに超える驚愕の成長を遂げ、いまでは誰もが“二刀流”を賞賛するまでの実力を発揮し、メジャーリーグからも熱い注目を集める存在に。

“二刀流”に対し否定的な意見を唱えていた野村克也氏も「大谷よ、球界の常識をぶち破れ!」とエールを贈るほど。なぜ、 大谷選手は『不可能』を『可能』となしえたのか――。その鍵は、大谷選手が培ってきた彼の一流の思考にある。挫折と向き合うこと、自分を信じ切ること、孤独を恐れないこと、謙虚でありつづけること、そして夢を描き続けること……、そんな大谷選手の思考のひとつひとつが今日のワールドクラスの“二刀流”を育んだといえる。

この語録を読めば大谷選手の成功のベースとなった思考とともに、生きるためのヒントが散りばめられた一冊となっている。

【概要】
第1章 挑戦

『限界が見えるまで、やっていきたいと思ってます』
『周りが思うよりも醒めている自分がそこにいるんです』

第2章 苦悩
『やはり僕はたいたことないなと思いました』
『悔しい経験がないと、嬉しい経験も出来ないということを、 あの時、知ることができました』

第3章 向上心
『そうすれば、ベストの自分が出てくる』
『常にきっかけを求めて練習しています』

第4章 素顔
『拭っていたのは汗です。泣いてません』
『他人がポイッて捨てた運を拾っているんです』

第5章 克己心
『練習を誰かと一緒にやるのは嫌です。トレーニングを見られるのも嫌です』
『盛り上がってくれて嬉しいです。しかし、もう切り替えています』

第6章 哲学
『まだ21歳、しかし、もうプロ4年目です』
『もっともっと出来ると思います』

<関連サイト>
椎名林檎、ドラマ『カルテット』主題歌を書き下ろし!
http://www.entameplex.com/archives/34085

比嘉愛未の心を動かした大女優のある言葉とは?
http://www.entameplex.com/archives/34069

ブルーハーツの名曲を稀代の監督&俳優により映像化
http://www.entameplex.com/archives/34061