Entame Plex-エンタメプレックス-

バンドじゃないもん!、1stアルバムは捨て曲ナシ!?


神聖かまってちゃんのドラマー・みさこ(鈴姫みさこ)、恋汐りんご、七星ぐみ、望月みゆ、甘夏ゆず、大桃子サンライズの6人からなるアイドルグループ:バンドじゃないもん!が3月8日に発売するメジャー1stアルバム「完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を♥」の全貌が明らかになった。

このたび、制作に関わったクリエイター、楽曲名の発表に加え、ジャケット写真、新アーティスト写真も公開された。

収録楽曲には畑亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)からなるプロデュースチームQ-MHz書き下ろしによる再メジャーデビュー曲「キメマスター!」をはじめ、NAOTO(ORANGE RANGE)プロデュースの「夏のOh!バイブス」、そして在日ファンクプロデュースによる「YAKIMOCHI」、はっぱ隊の名曲をDANCE☆MANによるリメイクで話題を集めている「YATTA!」などシングルヒット曲のほか、アルバムでも豪華なクリエーター陣が集結!

アルバムでも、新たにQ-MHzがプロデュースを手掛けた「青春カラダダダッシュ!」は、もはやバンドじゃないもん!しか体現することのできないジェットコースターサウンドで新世代のアイドルソングと言っても過言ではない楽曲に。

HISASHI(GLAY)が初のアイドルプロデュースを手掛けた「君はヒーロー」はHISASHI独特で遊び心のあるワード選びとデジロックサウンドが見事にバンもん!にフィットしたライブ定番曲を匂わせるロックナンバー。

そのほか、バンもん!と初タッグを組む、理姫(アカシック)による作詞曲、元黒赤ちゃんの松野恭平と乾英明によるプロデュースユニットDogPプロデュース曲、リーダーである鈴姫みさこはもちろん、七星ぐみ、大桃子サンライズが作詞に初挑戦した楽曲、そしてインディーズ時代の人気曲を手がけるゆよゆっぺや、ミナミトモヤと大場康司による共作曲など、バンもん!ならではのバラエティ豊かなクリエーター陣による”全曲リード曲”といっても過言ではない仕上がりとなっている。

初回限定盤のジャケット写真は「PERFECT YEAR 2017」のロゴに続き、愛☆まどんな制作によるもの。書き下ろしのイラストスリーブ仕様となっている。初回盤には過去のMVをコンパイルしたミュージックビデオ集とメイキング映像集が収録される。

◆HISASHI(GLAY)コメント

「氾濫する情報の波を華麗に乗りこなすヒーロー」

彼女達の立ち振舞いからbpmと言葉とメロディが誕生しました。

6人の個性が生み出す不安定な暴走は時をかけるリアル。

がむしゃらに泣いて笑って叫んだ、それでもまだ全然足りなくて・・

未知の可能性を君たちへ、禁じ手のヒーロー共よ

◆NAOTO(ORANGE RANGE)コメント

バンドじゃないもん!の1stフルアルバムが出ると聞いて、百文字程度のコメントが欲しいと言われました。

百文字じゃ書ききれない思いと、プロデュースした楽曲にはいろんな思い入れがあります。

もう本当に書きたいことがたくさんある、とても百文字じゃ足りない。

せめて二百文字は欲しい!!!

発売おめでとうございます。

◆Q-MHzコメント

メジャーデビューシングル「キメマスター!」に続きアルバムでも新曲「青春カラダダダッシュ!」を書かせていただきました!Q-MHz珠玉の高速爆発チューン、6人が歌えや喋れや騒がせや、大暴れです。それいけバンもん宇宙の果てまでもー!

◆浜野謙太(在日ファンク)コメント

バンもんの皆さんと一緒に作れて何かがすごく掻き立てられました。

初めての打ち合わせの時、打ち合わせ場所着く寸前に車線変更違反でキップを切られ、

その様子をみさこさんに目撃されるという劇的な出会いから始まり、一緒に録音するまで。

メンバーはそうやって絡めて本当にたのしかったと、スタッフたちも今回はだいぶ楽しかったと。。

いつもより湧いている仲間たちを見て僕は僕は、、

ヤキヤキモチモチぃ~~!!!

◆ダンス☆マン コメント

ミャオ~ン!ダンス☆マンです。

「え~っ?!バンもん!さんYATTA!のカヴァーっすかっ!」

というのが私の最初のリアクション。

そういえば誰かがカヴァーしたという話を聞いた事がない

近寄りがたい程の高嶺の花的存在であるこの超名曲を選ぶそのセンスと勇気!

‘バンドじゃないもん!’流石としか言いようがありません。

今回、アレンジャーとして声をかけて頂き大変光栄です。

バンもん!さんVer聴くと今またグッと来ます。

私、今日も息が吸えて息が吐けます。YATTA~!

◆リーダー・鈴姫みさこコメント
全曲リード、パーフェクトなアルバムです。それでも「ふかんぜん」なんて言葉が入ってるのは、まだまだこれから続いていく未来のギラギラが詰まってるから。まだ終わらない、これから始まる新しいストーリー、聴いてくれる全員が自分の大切な残りの人生をポイ捨てしないで、全力でギラッギラしながら走っていきたくなるような楽曲が詰まってます。あなたのために、バンもん!は走り続けます。シックスフォーオール・オールフォーシックス。共に生きよう。

<関連サイト>
あの“はっぱ隊”の「YATTA!」をアイドルがカバー
http://www.entameplex.com/archives/34094

川島海荷がガン飛ばし!? 子持ちの“元ヤン”役に挑戦!
http://www.entameplex.com/archives/34531

平野ノラが“平野千秋”から改名した理由とは?
http://www.entameplex.com/archives/34516