Entame Plex-エンタメプレックス-

神木隆之介と将棋を指せる!? “聖地巡礼”VR映像が解禁


『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、『君の名は。』の神木隆之介を主演に迎え2部作で実写映画化する『3月のライオン』。このたび、本作の世界を体感できる聖地巡礼VR映像が解禁となった。

本作は、連載10年を迎える羽海野チカの同名人気コミックを実写映画化。家も家族も居場所も何もなく、深い孤独を抱えてすがるように将棋に打ち込んでいた17歳のプロ棋士・桐山零(神木)と彼をめぐる人々が、愛を求めて迷い、ためらい、ひるみながらも、それぞれの闘いへと突き進む姿が描かれている。

今回解禁となった映像は、原作&アニメでお馴染みの舞台、そして映画が実際にロケを行った『3月のライオン』の世界が映し出され、プロ棋士の歩く道を、360度で体感できるVRコンテンツとなっている。原作の舞台となる「六月町」「三月町」、その2つを結ぶ中央大橋、そして、将棋の神が宿る「鳩森神社」(千駄ヶ谷)を抜け、「将棋会館」へ――。本物の“名人戦”が行われる「特別対局室」に到達すると、そこには桐山零を演じた神木の姿が。360度VR映像を駆使し、まるで神木と将棋を指せる!? と錯覚するようなリアルな映像に仕上がっている。

そして道先案内人は、原作の“ニャー将棋”でお馴染みのニャーたち。リアルとファンタジーが混在し、『3月のライオン』の世界に浸れる、まさに“聖地巡礼”VR映像がここに誕生。

VR映像は、公式YouTubeチャンネルのほか、ハコスコ/360channel/DMM動画でも本日28日10時より公開。全国のジェイコムショップでは、3月1日より『3月のライオン』オリジナルデザインのハコスコゴーグルがプレゼント配布される。

また、よりリッチな360度映像を楽しめるヘッドマウントディスプレイ「Galaxy Gear VR」を使った映像体験も、東京スカイツリータウン®内のJ:COM Wonder Studioや全国のVR THEATERほかにて予定されている。

映画『3月のライオン』は、3月18日(土)から【前編】、 4月22日(土)から【後編】が全国公開。

©2017 映画「3月のライオン」製作委員会

<関連サイト>
神木隆之介×高橋一生の共演写真が解禁!
http://www.entameplex.com/archives/34615

秋元才加“どんどん嫌って”「奪い愛、冬」性悪女を好演
http://www.entameplex.com/archives/34858

大黒摩季“神セトリ”47都道府県ツアースタート!
http://www.entameplex.com/archives/35059