Entame Plex-エンタメプレックス-

中谷美紀インタビュー「あきらめたのは20代の頃」


「シン・レッド・ライン」「ツリー・オブ・ライフ」など数々の名作を世に送り出し、カンヌ最高賞パルム・ドールも受賞した“伝説の映画監督”テレンス・マリックの新作が、3月10日(金)より日本で公開となる。地球の創生から現代、未来までを圧倒的な映像で描く映画『ボヤージュ・オブ・タイム』は、まさにマリックの映画人生40年の集大成と言えるだろう。

マーティン・スコセッシやスティーブン・スピルバーグが絶賛し、「君の名は。」の新海誠監督も“新たな映画のインスピレーションを得た”とSNSでつぶやくこの作品。今回は日本語版吹き替えで“語り”を担当する女優・中谷美紀にその魅力を聞いた。すると、その終盤“あきらめたのは20代の頃”と自らの人生観を語る一幕も……。

――『ボヤージュ・オブ・タイム』の日本語版語り部に抜擢されたときのお気持ちはいかがでしたか?

「正直、私は必要ないのではないかって(笑)。(英語版では)圧倒的な映像にケイト・ブランシェットさんの心地よいナレーションが完璧だったので。迷いや後悔など、さまざまな感情を含んだ声の表現が見事で、日本語は必要なのかな……とも思いました(笑)。でも、プロデューサーのソフォクレス・タシオリスがおっしゃるには『人間は字幕を追っていると思考が働いてしまう。作品のメッセージを心でダイレクトに感じてもらうためには各国、母国語で伝える人間が必要なんだ』と。その言葉を聞いて踏ん切りがつきました」

――映画をご覧になってどのような感想を持ちましたか?

「美しいものも汚いものも、生も死も、善も悪も、始まりも終わりも全て含んだこの作品を見ると呼吸が止まりそうでした。でも暖かいものに包まれて深く呼吸をするような瞬間もあって」

――なるほど。

「自分たちは何のために生まれてどこへ行くのか、そんな誰しもが考える問いを優しく答えに導いてくれる内容でした。『世の無常を嘆いても仕方がない』という東洋思想を強く感じましたね。いずれは皆が終末を迎えるんだから……と人間のわずらいを楽にさせてくれます」

――ナレーションの仕事をするときに心がけていることはありますか?

「ナレーションというのは自分が前に出るものではなく、傷のつきやすい絹のようなものを作り手から見る者に伝える媒介だと考えています。そこに徹するように心がけていますね」

――今作の監督であるテレンス・マリックの作家性に惹かれる部分はありますか?

「光の操り方が極上で、まるで魔術師みたいだなと。それが説教くさくなく心にすっと入ってくるのがすばらしいです。観客を強引に導くのではなくて、俯瞰した目線でそっと背中を押してくれるような懐の深さを感じます」

――マリックの作品の中でお気に入りのものはありますか?

「それはやっぱり『ボヤージュ・オブ・タイム』(笑)。『トゥ・ザ・ワンダー』も素敵でしたよね。でも彼の根底にあるテーマは全て変わっていないような……。移ろいゆくものを嘆きながら、しかしそれを受け入れるしかないというか」

――この映画はどんなスタンスで見ると良いでしょうか?

「深く考えようと思えば終わりのない問いの中で何時間でも考え続けられる映画ですよね。でも、何も考えず美しい映像を楽しむこともできる。子どもと一緒にご覧いただくと、全く違う感想が出てきて面白いかもしれません。案外、子どもからの視点でハッとさせられることもあるかもしれませんね」

――先ほど、映画の感想として「いずれは終末を迎える」との話が出ましたが、中谷さんにとって終末に向かう人生とはどのようなものですか?

「清濁あわせ持つ、といった感じでしょうか(笑)。醜いものにふたをしても仕方がないので。美しいものが好きなだけに醜いものの存在も受け入れなければいけないのかな、と」

――醜いものとは?

「人間って善も悪も共に心の中にあるものだと思うので。自分の中の小さな悪魔が動き出してきたとき『それも自分なんだ』と認めてあげることも大事なのではないかと。今では良くても浮かれ過ぎず、悪くても落ち込み過ぎない。つまらない人生なのかもしれないですけど(笑)」

――その考えに至ったのはいつ頃でしょうか?

「あきらめたのは20代の頃です。それを思い知らされる体験があって……」

――諸行無常というか、マリックの世界観に近い印象を受けます。

「地球が爆発する瞬間って、ものの2秒で全て無に帰ると聞きました。もちろん、その瞬間に立ち会うことはできないでしょうけど、聖書の黙示録で言われるような苦しみはなく、あっというまになくなってしまう。ちょっと味わってみたいですね」

――では終末まで描かれる『ボヤージュ・オブ・タイム』を観て……。

「どこかホッとした部分はあります(笑)。自分の人生観が間違っているわけじゃないんだって」

映画『ボヤージュ・オブ・タイム』は、3月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー!

©2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.

<関連サイト>
中谷美紀が『ボヤージュ・オブ・タイム』日本語版語りに
http://www.entameplex.com/archives/34842

中谷美紀「好きなことを存分にさせていただいた」 映画『繕い裁つ人』BD&DVD発売決定!
http://www.entameplex.com/archives/21258

中谷美紀、“人生を変える一着”10年来の友人の仕立てたドレスに涙
http://www.entameplex.com/archives/17443