Entame Plex-エンタメプレックス-

伊藤淳史&忽那汐里インタビュー! 猫まみれの現場語る


とにかく猫満載! ニャンダフルもとい、ニャートフルな猫映画「ねこあつめの家」が、いよいよ4月8日(土)公開。
人気ゲームアプリ「ねこあつめ」の世界観をそのままに、巧みにストーリー化した本作はたっぷりの猫はもちろんのこと、その心温まる物語と美しいロケーションにも癒されること間違いナシ。今回は主演の伊藤淳史、そして忽那汐里に本作のこと、そして肝心要の猫のことについて話を聞いてみた。

——そもそも猫は好きでした?

伊藤淳史(以下、伊藤)「好きでした。家の近所にいる猫をよく触ろうとしたりしていますし。ただ、いつも触れないんですよ。逃げられちゃって(笑)」

——自宅で飼われているのは犬ですよね?

伊藤「そうですね。この作品に出会うまでは完全に犬派でしたけど、今は猫も大好きです」

——猫に対する意識が変わった?

伊藤「全然変わりました。猫も好きでしたけど、なんとなく距離を感じていたんですよ。でも、今回撮影してみてすごく近くにいてくれるし、僕が思っていた猫像とは全然違っていて」

忽那汐里(以下、忽那)「私も好きです。でも、好きになったのは日本に来てからですね。それまでは私も断然犬派。やっぱり一匹でも懐く猫がいると、それがきっかけで好きになりますね」

伊藤「共演した猫は本当にいい猫ばかりだったしね」

——あれだけたくさんの猫に囲まれていると、撮影中も癒されました?

伊藤「すごく癒されました。撮影中は待ち時間がたくさんありますが、猫のおかげでいい感じで過ごせて。休憩中も猫が近づいてきてくれるんですよ。一緒に戯れたりしてましたね。待ち時間も苦にならなかったというか、むしろ楽しめました」

忽那「私も! 休憩中は猫と遊んでいるか、伊藤さんと畳でゴロゴロするか、どっちがでしたね」

——それは伊藤さん演じる佐久本の新居の? あの家いいですよね。

伊藤「素敵ですよね。ロケーションも美しいし」

——もしあそこに住んでいいよって言われたら住みます?

伊藤「住みたいですけど…数日間だけなら(笑)。仕事のことを考えてしまうと、あそこから東京へ通うのは現実的ではないですし。ただ、僕の子どもが今一歳なんですけど、ああいったところで育てると伸び伸び育つだろうなとは思います。緑に囲まれていて、撮影時は夏だったんですけど、暑さの質も東京とは全然違っていて」

忽那「私も住むのは難しいかも(笑)。でも、滞在はしたいです。虫とかも平気ですし、大自然も大丈夫なんで。だから短い期間だったら……」

伊藤「でも、ああいった環境の中で猫が寄ってきたら、それは楽しそうですよね。閉鎖的な空間で仕事をして、人間的にも閉鎖的になってしまったら、佐久本の気持ちもわかるような気がします」

——その伊藤さん演じる佐久本はスランプ中の小説家。スランプ中という役もなかなかないと思いますが。

伊藤「小説家の方ほどではないんですけど、誰にも頼れないという感覚は自分の仕事にも同じところがあると思います。僕もセリフを覚えたり、常に追い込まれている感じがあったりするので。だから、彼の気持ちも少なからず想像することはできたかなと思います」

——スランプだったことってあります?

伊藤「思ったことはないですけど、常に悩んだり、苦しんだりすることはありますね。それがスランプなのかって言われたら違う気がしますけど。そういう意味では、まだ出会ったことはないですね」

——忽那さんは?

忽那「どうだろうな……。日本に来てしばらくは環境の変化が大きかったので、今思い返してみると結構悩んだりしてましたね」

伊藤「何歳で日本に来たの?」

忽那「14歳のときです。そのときは言葉も文化も変わって、さらには仕事も始めて。自分のキャパシティを越えちゃった感じがあったんですよ。それがスランプというのかはわかりませんけど」

——今作はアプリ「ねこあつめ」の実写版。もとは何も物語がないものを映画化すると聞いたときはどんな印象でした?

伊藤「まったく想像がつかなかったですね。そもそも猫が主人公のところにどう人間が絡むのかとか。でも、台本を読んだらすごく自然で。それは正直スゴいなって思いました。面白い作品になるんじゃないかなって気がしました」

——忽那さんが演じた十和田ミチルは編集者として板挟み状態。しかも、劇中では伊藤さんほど猫と絡むこともありませんでしたね。

忽那「(伊藤さんが)羨ましかったですね。私、劇中で猫に一瞬も触ってないですもん(笑)」

伊藤「でも、それをプラスマイナスゼロにするぐらい、休憩中は猫と戯れていたよね」

——ちなみに、2人は自分のことを犬と猫、どっちに近いと思います?

伊藤「どうだろう……僕は多分犬ですかね。猫って自分のエリアを守ったり、自分から何かするって感じじゃないけど、犬は結構来るじゃないですか。僕も積極的な方なんで」

忽那「確かに伊藤さんは来る(笑)。私は犬ではないかな……」

伊藤「忽那さんは僕に対して、ちょいちょい犬感出して来ますけどね(笑)。でも、実際は猫かなって思います。人見知りって言うんだけど、話すと全然人見知りじゃない。まさに猫かぶった感じ(笑)」

忽那「本当はすごく人見知りなんですけど、伊藤さんは面白いし……」

——その気持ちはなんとなくわかります。伊藤さんって接しやすいですよね。

忽那「人と畳でゴロゴロしたことなんてないですもん」

伊藤「僕もないですけどね。本編では描かれていないんですけど、メインの部屋の隣に小さな和室があって、そこで僕らはいつも遊んでて。四畳半ぐらいのところなんですけどね」

——撮影現場はかなり和気あいあいとしていたようですね。

伊藤「それはかなり。僕は人見知りではないんですけど、急に距離を詰めてこられるのは苦手なんです。でも、今回はすごくいい感じの距離感で。忽那さんともこの作品が初めてではなく、もともと知っていたこともあったし、素敵な場所で待ち時間も一緒に楽しく過ごせたのがよかったですね」

——映画の内容も殺伐としているわけではなく、すごく温かいお話ですしね。それは本編からも伝わりました。

伊藤「それは嬉しいですね。現場も本当に穏やかな感じでした」

——最後に、今回は猫を集める家でしたけど、何か個人的に集めているもの、必要なものってありますか?

伊藤「僕はリップですね。リップが常に必要なんですよ。もう忘れるという状況が嫌で。自分の車には必ず置いてありますし、今日はバッグにもふたつ入ってます。家にもダイニングやお風呂場、いたるところに置いてあって、ストックも10本以上はありますね。これはもう集めたいというか、なくては生きていけないものですね(笑)」

映画『ねこあつめの家』は、4月8日(土)より全国公開!

©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

Photo by 竹内洋平

<関連サイト>
3月3日ひにゃ祭り! 忽那汐里&木村多江インタビュー
http://www.entameplex.com/archives/35199

ねこ好き必見! 「ねこあつめ」実写化の映像が初解禁
http://www.entameplex.com/archives/34030

映画『ねこあつめの家』猫だらけのポスターが公開
http://www.entameplex.com/archives/34254