Entame Plex-エンタメプレックス-

ぱいぱいでか美「(ブスに最適な場所は)ライブハウス」


5月15日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#17が放送され、ゲストとしてタレントのぱいぱいでか美、お笑い芸人・八幡カオルが出演した。

同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、“ブスとは何なのか”を徹底討論していく。

最初のトークテーマは、「ブスの居場所」。スタジオにいる自称“ブス”たちからは、「学生時代にトイレでお弁当を食べていた」「学校生活はほとんどがトイレか保健室だった」などの過去のエピソードや、「率先してパシリ役を担い、居場所を作る」「居酒屋では端の席に座る」などのエピソードが飛び出した。

また、ぱいぱいでか美は、「ライブハウスです、私は。自分がライブをするっていうのもあるんですけど、観に行くのも元から好きで、客席が暗いからあんまり顔見えないし、外に出てももう夜だから暗いし、バンドマンって屈折した青春過ごしている人が多いから女の子ってだけでめっちゃチヤホヤしてくれるですよ!」と力説。

経験談を元に、“ブス”に最適な場所であることを教えてくれた。

続いてのトークテーマは、「先生・上司のココがムカつく!」。スタジオにいる自称“ブス”たちから、先生や上司から受けた仕打ち“ブスハラ”(ブスハラスメント)について聞いていくと、「先生から顔だけで問題児と決めつけられて、家庭訪問で母親に告げられた」「女として扱ってもらえず、気軽に胸やお腹を触ってくる」など、ショックを受けた経験談が次々に明かされた。さらに番組終盤、痴漢について話題があがると、「痴漢をされて、その人の顔を見たら『何見てんだよ!』と逆ギレされた」「痴漢をした男性を捕まえたら『こんなブス触るわけないだろ!』と言われた」など切実なエピソードも連発。

自称“ブス”たちの話に、視聴者からは「今日はなんか泣ける回だね」「可哀想過ぎて抱きしめたい」「逆ギレはヤベえわ、、、」など、同情の声が数多く寄せられた。

次週は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”として、アイドル「まいにゃ」こと小桃音まいが登場し、自称“ブス”席に座る“顔が超デカいアイドル”とバトル勃発。さらに、自ら整形していることを明かすアイドルグループ・坂本舞菜の「アイプチなんて無駄遣い!」発言でスタジオ騒然。

禁断企画「小学生から見てもブスはブスなのか?」は早くも第2弾で、自称“ブス”たちに突き刺さる小学生の愛の無いコメントで血祭り状態となった。

©AbemaTV

<関連サイト>
貯金1億!? アンガ―ルズ田中が結婚できない理由
http://www.entameplex.com/archives/36604

横山だいすけ、ブログでの天然っぷりにコメント殺到
http://www.entameplex.com/archives/36510

矢口真里「すごい劣化した」年齢の話で苦笑い
http://www.entameplex.com/archives/36496