Entame Plex-エンタメプレックス-

橋本環奈が鼻をほじる姿も…「銀魂」最後の予告編が解禁


7月14日(金)に公開となる映画「銀魂」の最後の予告編が解禁となった。

本作は、累計発行部数5,100万部以上、2004年から今も週刊少年ジャンプで連載され、老若男女に愛され続ける天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)を原作に、福田雄一監督(勇者ヨシヒコシリーズ等)のもと超豪華キャストが結集し、実写映画化!

SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる超大作。キャラクタービジュアルが解禁されると、瞬く間にSNSを始め大盛り上がり。お正月に解禁された特別映像は5日間で再生回数500万回を突破、また公式Twitterのフォロワー数は2017年6月1日時点で異例の35万人を突破! この数字は実写日本映画の公式ツイッター史上、(※宣伝部が調べる限り)第1位。

日本中がその動向を注目するこの夏の大本命作品の最後の予告編が、ついに解禁に。

ふんだんに盛り込まれた”超まじめな”初解禁アクションシーンをはじめ、ついにストーリーの全貌が明らかになる「本気度」の高い予告編がついに解禁。

かつて、宇宙人・天人(あまんと)との攘夷戦争で白夜叉と恐れられた銀時(小栗旬)。いまは新八(菅田将暉)や神楽(橋本環奈)とともに万事屋(よろずや)を営む。ある日突然平和な江戸の町に、使用した者に寄生するという“紅色の妖刀”を持つ辻斬りが現れる。時を同じくして当時の銀時の盟友であり、最強の攘夷浪士といわれた高杉(堂本剛)が江戸に戻ってきたとの報を受ける。事件の調査に乗り出した万事屋メンバーだったが、新八、神楽も巻き込まれてしまい銀時の仲間に身の危険が迫るーー。

「俺には守りてえものが出来すぎた―」思いを胸に“宇宙一バカな侍”が今、立ち上がる!妖刀に腹を貫かれる衝撃的な場面をはじめ、堂本演じるミステリアスな高杉と対峙する場面など、初公開となるアクションシーン、さらにはUVERworld書き下ろしの主題歌等、ファンのみならず期待を駆り立てる要素目白押しの内容に。

鼻をほじる橋本、何故か金色に輝く中村勘九郎、カブトムシの被り物を被った吉沢亮、シリアスとギャグが変幻自在に入り混った、どう考えても「銀魂」でしか有り得ない映像ももちろん満載。

「シリアス」と「ギャグ」が変幻自在に入り混じる、泣いて笑ってアツくなる、名実ともに天下無敵の痛快アクション・エンターテインメントの、超まじめな予告編となっているので必見。

映画「銀魂」は、7月14日(金)より全国ロードショー。

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

<関連サイト>
ぺこ&りゅうちぇるの思い出写真が可愛すぎる
http://www.entameplex.com/archives/37043

倉持由香の見せパン写真に「最高じゃん!」「いいね!」
http://www.entameplex.com/archives/36973

妄キャリ“冴えカノ”聖地&疑似デート満載のMV解禁
http://www.entameplex.com/archives/36953