Entame Plex-エンタメプレックス-

倉木麻衣の「忘れられないライブ」がDVD&BD化


4月にリリースされた「渡月橋 〜君 想ふ〜」がロングヒット中の倉木麻衣の最新ライブ映像がDVD&Blu-rayとなり8月16日(水)に発売されることが決定した。

倉木の約2年半ぶりとなる全国ライブ「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”」は、初日を迎える前から全公演がソールドアウトとなりプレミア化し、連日大熱狂のステージとなった。

今回は「名探偵コナン」メドレーやゲストアーティストLa PomPon、にゃんごすたーとの共演でも話題を呼んだ最終日国際フォーラムホールA公演を完全収録。

このツアーで初披露された「渡月橋 〜君 想ふ〜」のフルコーラスVer.も必見だ。

約5年ぶりとなったオリジナルアルバムを引っさげてのライブということもあり、新曲目白押しで新たな倉木の魅力が存分に引き出されたこの全国ライブ。R&B、ポップス、ロック、バラードなど様々なジャンルの曲が収録されたニューアルバム「Smile」の世界観をそのままに、色とりどりの華やかなステージが展開された。

そして今LIVEの大きな目玉のひとつは、数々のコラボレーションで話題を振りまき続けている「名探偵コナン」とのスペシャルコーナー。「名探偵コナン」21周年に21曲目のコラボレーションが実現した倉木だからこそ実現した、倉木ファンにもコナンファンにもまさに垂涎なこの企画。

映像演出や倉木の衣装にもこだわりが光る、特別感溢れるステージとなった。

80’sをイメージしたようなPOPでカラフルなステージからオープニング映像が流れ出し、映画予告のワンシーンのようなドラマチックな映像に、会場の期待は高まりスタートした曲はニューアルバム「Smile」の中から「Make that change」。

倉木が自ら「私史上最もハードなロックナンバー」と以前語っていた通り、激しく印象的なイントロから会場は一気にヒートアップ。曲終わりでステージに背を向けた倉木は会場を手で煽り、「SAWAGE LIVE」と叫ぶ声が会場に響き渡る。続く曲は、今回のライブプロジェクトのメイン曲とも言える「SAWAGE LIFE」。

コミカルな振り付けも相まって、会場は早くも一体に。
続くナンバーは倉木のデビュー曲「Love, Day After Tomorrow」、新旧のファンは更にヒートアップしていった。

その後も続く「Smile」収録のナンバー。息がぴったり合ったパフォーマンスが心地いい「I Like It」、ハートのクッションを使った演出が可愛らしさを醸し出す「OPEN L♡VE」、しっとりした倉木の真骨頂バラードナンバーの「Tell me why」「ミステリー ヒーロー」、「硝子の微笑」。

この日のためにオーダーメイドされた黄色基調のドレスは、倉木自らがイメージし何度も試行錯誤を繰り返した特注品。

ドレスだけでなく、すべての衣装はこのツアーのために作られたもので、色とりどりのステージを鮮やかに鮮明に彩っていった。

そして続く「名探偵コナン」とのコラボレーションコーナー。
長く深く繋がった両者だからこそできた夢のコラボレーションコーナーに会場はますます熱狂。

その終盤「一秒ごとに Love for you」ではスペシャルゲストとしてLa PomPonが登場し、フレッシュでパワフルなダンスに会場はさらなる盛り上がりを見せていく。息つく暇もないほどの怒涛のセクションは日本ユニシス実業団バドミントン部の応援ソングとなっている「MY VICTORY」へ。

この日だけの特別映像としてバックの巨大LEDには日本ユニシス実業団バドミントン部の活躍シーンの数々が飛び出し、この曲の躍動感を更にヒートアップ。そして本編最後となった「SAWAGE☆LIFE」では、再度La PomPonが登場。ステージ、会場、一体となっての大「SAWAGE☆LIFE」大会となり、ゴールドテープが空を舞い会場からは大きな歓声が沸き起った。

そして迎えたアンコール。

1曲目は最新シングル「渡月橋 〜君 想ふ〜」。赤の和洋折衷ドレスが艶やかに会場を彩る。ため息がでるほどの美しさが会場を魅了した後は、Tシャツのカジュアルな姿に着替えた倉木が登場。

倉木がニューアルバム「Smile」のことを話そうとしていたところ、なんとステージ後方には赤い姿が。倉木とお揃いの星マークのグッズTシャツを胸につけた青森県黒石市出身天才ドラマーにゃんごすたーが会場に駆けつけていた。倉木と筆談トークに盛り上がった後はにゃんごすたーとの共演で「Stand Up」を披露。

レギュラーメンバー車谷啓介とのドラムバトルシーンはまさに圧巻。この日だけのスペシャル感満載のステージとなった。

その後は明日への希望に満ち溢れた楽曲「Serendipity」「きみへのうた」、そしてラストはおなじみの楽曲「always」でこの日のステージは幕を閉じた。

この日のファイナルで倉木がライブ中に語った「忘れられないライブになりました」という言葉。
ド派手に騒ごうというだけではない、誰の心にも響くファイナル公演の感動を存分に味わっていただける映像は、観る人すべてにとっても“忘れられないライブ”となるだろう。

<関連サイト>
高須院長、フリーメイソンの内部事情明かす
http://www.entameplex.com/archives/37119

倉持由香の見せパン写真に「最高じゃん!」「いいね!」
http://www.entameplex.com/archives/36973

LINEやメール「嫌われているかも!?」と感じる瞬間は?
http://www.entameplex.com/archives/37110