Entame Plex-エンタメプレックス-

斎藤工、サンシャインのお次は“謎の宇宙人”に!?


8月19日より公開となった西村喜廣監督作『蠱毒(こどく) ミートボールマシン』に、謎の宇宙人役で出演している斎藤工のビジュアルが解禁された。

本作は、独特な世界観かつ究極の過激描写で描かれ、数々の海外映画祭が絶賛、同時に観客たちの脳天を打ち抜いた伝説のバイオレンス・スプラッター『MEATBALL MACHINE ミートボールマシン』(2005年)をモチーフに新たに製作された作品だ。

孤独でしがない中年男が、最強の戦士ネクロボーグと化し、密かに想いを寄せる女性を守るために、謎の生物に操られたヒトとマシンの複合体“ネクロボーグ”との戦いの渦に飛び込んで死闘を繰り広げていくというバイオレンスムービー。

これまで、斎藤のビジュアルは一切伏せられてきたが、今回、解禁となった画像は、撮影時のメイキング。背景をCGで加工するため、グリーンバック前での撮影だった。 西村監督前作の『虎影』ではカッコいい主人公を颯爽と演じた彼が、180度違うインパクトのある姿で登場する遊び心に感服。劇場でチェック必至のビジュアルとなっている。

斎藤は「私のビジュアルや役柄はさて置き 『蠱毒』自体は物凄い作品ですので、 騙されたと思って劇場へ足を運んで頂けたら嬉しいです。宇宙人嘘つかない」とコメント。

西村監督は「最初の脚本にはなかったのですが、絵コンテを書いていくうちに考えたキャラクターです。 白線女というキャラクターが生まれた時に、その親分的な存在を思いつきました。 僕に頭の中で白線女が生まれた時、ラバーコスチューム制作のカリンさんと相談して、何色にしようかね? と言っているうちに、僕の頭の中で、液体が緑色のイメージがあったので、それで統一しました。いつもいろんな役をやってくれるし、二枚目だけではない役をいつも頼んでいます。すごく器用にやってくれるので助かります。実はセリフが逆回転になっています。今後、DVDやブルーレイが発売された時、それをさらに逆回転で聞いてもらうと2度おいしいと思います。なので何を喋っているかはお楽しみです!」とコメントを寄せている。

映画『蠱毒 ミートボールマシン』は、8月19日(土)より 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

© 2017キングレコード

<関連サイト>
IMALU、ブス枠で番組出演! 整形否定&非モテを嘆く…
http://www.entameplex.com/archives/38388

上西小百合「私はどこに行っても大人気」
http://www.entameplex.com/archives/38378

極楽とんぼ・加藤「宮迫さんみたいになりたくない」
http://www.entameplex.com/archives/38330