Entame Plex-エンタメプレックス-

キンコン梶原、西野との共演に「なんか新鮮でいいね」


1月19日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『エゴサーチTV』2時間スペシャルに、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太らが出演した。

“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していくトークバラエティ番組。

MCの西野の相方であるキングコングの梶原が番組に初登場。「なんか新鮮でいいね」と話す梶原は、「今日このことについて話したいというトークテーマを書いてきました」と、トークテーマを準備してきたことを明かした。

最初のトークテーマである、“吉本のマネージャーについて”では、早速梶原が、「1年ほど前かな? 俺の給料明細に「『ガリゲル』未出演のため、マイナス1万5千円って書いてあった」と、西野の出演する地上波の番組に出演しなかったことで、給料から1万5千円が差し引かれた事を告白し、「意味が分からないんすよ、未出演だったら本来0円だし、書かんでええし!」と、マネージャーに対する怒りを爆発させた。

そして、次のテーマである“2017年のM-1グランプリについて”では、M-1グランプリの大ファンだと話す梶原が、「M-1は、ガラッとルールを変えた方が良いと思う」と語り、自らが考えたというM-1グランプリの改善案を西野にプレゼン。「正直に判断しますよ、違うと思ったら違うって言う」と答えた西野は、「時間がもったいないから2本目の点数は発表しなくていい」と主張する梶原に対し、「2本のネタを判断するんだったらそもそも1本目のネタの点数もいらなくない?」と、梶原の話を遮りながら正論をぶつけていくと、途中で心が折れたのか、梶原が「そうね…」と悲しそうな表情でつぶやき、スタジオは大爆笑。

西野も笑いながら「じゃ、この話は終わりでいい?」と聞くと、「お前はいつもそうや! 結局俺を一択で苦しめる、たまには選ばせてくれや! でも笑いが起こる、ありがとな」と話し、さらに笑いを誘いコンビならではの阿吽の呼吸を垣間見せていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
ゴールデンボンバー樽美酒がイチャイチャした相手とは?
http://www.entameplex.com/archives/41045

比嘉愛未「自由の女神みたい!」母撮影の写真に絶賛の声
http://www.entameplex.com/archives/41048

矢口真里「いつかまた5人の姿を見たい」ももクロに言及
http://www.entameplex.com/archives/41042