Entame Plex-エンタメプレックス-

ブスも納得、矢口真里の“マンネリ化を防ぐコツ”


1月22日、AbemaTVで『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、タレントの矢口真里、自称“ブス”メンバーに、アーティストのLUNA、お笑いコンビ・ゆにばーすのはらを迎えた。

最初のテーマ「私、見た目だけじゃなく、心までもブスですか?」では、顔だけでなく、性格もブスだと思うことを出演者の皆さんに告白してもらった。アーティストで、Mr.マリックの娘のLUNAは、「(私は)歌もやっているんで、『会いたいだの、会いたくないだの』を歌っているキラキラ系シンガーは、もう完全ビッチ」と過激な発言をし、スタジオが騒然となる中、「あんなね、泣きそうな顔で歌っているけど、裏ではかなりヤッてる」と続け、矢口も「なるほど!面白い」と、笑いながらコメントした。

また自称“ブス”メンバーの“みんぽこ”こと岡田みおは、お金持ちの人に好かれて、色々買ってもらったのに、顔がタイプじゃなかったので、LINEをブロックしたと話すと、それを聞いていた芸人・わたなべるんるんが「私、おじさんもいけます。歯がないおじさんも、いったことあります」と突然告白し、スタジオが驚きの声で溢れた。さらに、わたなべは「私のこと好きって言ってくれれば、誰でもいい」と、胸の内を明かした。

テーマ「ブスのHの必殺技!!」では、男性を昇天ノックアウトさせるHの必殺技を告白してもらった。すると「枝豆やポテチを食べた後に、男性の顔を見ながらセクシーに指を舐める」、「ウブを装いながら、相手の好みに合わせてH。フィニッシュはカニバサミ」、「気持ちよくなくても、お腹を痙攣させて本気で感じていると思わせる」などの必殺技が明かされた。スタジオでは、Hの時にカニバサミをするという、自称“ブス”メンバーの大越美咲が、小木を相手に実演することに。小木は、必死に逃れようとしましたが「足の力が凄い!」と、大越にしっかりと絡まれてしまい、スタジオが大爆笑に包まれる中、最後には「気持ち悪い。もう嫌だ。近くで見たお前はヤバい」と、逃げながらコメントを残した。

矢作が「やぐっちゃんは無いの? そういう必殺技」と聞くと、矢口は「必殺技ではないんですけど、マンネリ化を防ぐコツ(はある)。お風呂とか一緒に入らないことですね。後は、男性が脱がせたくなると思うから、(Hが)済んだ後は、すぐ洋服を着るとか。『また見たい』と思わせた方が、良いみたいですよ」とアドバイスした。それには、話を真剣に聞いていたスタジオの自称“ブス”メンバーたちも頷いて、納得した様子だった。

©AbemaTV

<関連サイト>
元NMB48須藤凜々花、ガチギレ映像に「チビりました」
http://www.entameplex.com/archives/41140

劇団界のこじはる!?福島雪菜が初水着で初表紙を飾る快挙
http://www.entameplex.com/archives/41134

ゴールデンボンバー樽美酒がイチャイチャした相手とは?
http://www.entameplex.com/archives/41045