Entame Plex-エンタメプレックス-

鈴木亮平、ブログ最後の“オチ”にファン爆笑!


NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』で主演を務める俳優の鈴木亮平が26日、自身のオフィシャルブログを更新。ブログ最後のオチが面白いと話題を呼んでいる。

同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男。明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。 鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。

「鈍感ボーイ成長する (西郷どんこぼれ話8)」と題して更新したブログは、「今日は、
何よりも須賀どんが切ない回でしたね。と同時に僕は、あの鈍感ボーイ吉之助が須賀どんの
想いに気がつくなんて、成長したなぁと思っていました。3年前の糸どんの時にもそれくらい女心がわかっていたら…」と吉之助と吉之助に関わった女性たちへの思いを綴り、「さらに今日は、この男にも感謝したい!」と、吉二郎を演じる渡部との“兄弟写真”を公開した。

続けて、最後に吉之助が言った「吉二郎のことを兄と思う」というセリフについても「西郷さんが実際に言った言葉だそうですよ」と綴られている。

最後には、「さぁそして、来週は、、、須賀どんの想い、仲間の、家族の、篤姫様の、みんなの想いを胸に、Cangoxina から江戸へ! 沢山の新しい出会いが待っています。来週もお楽しみに!!それでは行っど!せーの せごどーーん!!!」と来週の見どころや掛け声と共に、吉之助の撮影現場オフショット公開で締めくくるかと思いきや・・・、「あ、、、これレキシさんじゃった、、、」と西郷隆盛銅像前でミュージシャンのレキシと柴犬のツンの2ショットを公開した。

レキシは、同作を「明るくハッピーに後押しする大役」として楽曲制作のオファーを受け、新曲「SEGODON」を提供している。

ファンからは「爆笑」「今日のブログの“オチ”は最高に面白かった」「同じ関西人として
お礼を言わせてもらいます(笑)」「しっかりオチまで、ありがとうございます笑」「最後のレキシさん、笑笑」「最後亮平さんだと思いきや、レキシさんど~ん!でびっくりしました(笑)」と鈴木のお茶目な“オチ”にたくさんのコメントが寄せられたり、「またまた泣けた~~~」「出演されてる全ての人が素敵です~」「出演されてる全ての人が素敵です~」「須賀さんの不器用な情愛には泣かされました」「須賀の切なさが際立った回」「今回も泣いた」「須賀さんの想い、せつなさもあり、兄弟、友の絆に感動し、涙が出ました」「吉之助が亮平さんに乗り移ったように感じましたよ」「お陰さまで毎週末 泣いてます!」と第八回への反響も殺到している。

<関連サイト>
「私じゃダメだ」矢口真里、DT男子にやんわりお断り
http://www.entameplex.com/archives/41728

おのののかが泣いて帰った男性の心無いひと言とは?
http://www.entameplex.com/archives/41703

東野幸治の止まらない“西野イジリ”に「神回決定」の声
http://www.entameplex.com/archives/41662