Entame Plex-エンタメプレックス-

松本潤が演説で投票を熱く呼びかける!新TVCMオンエア開始


嵐の松本潤を起用した明治のロングセラーブランド「きのこの山」「たけのこの里」の新TVCM「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018 演説」篇が2月28日より全国でオンエア開始となった。

発売以来、長年愛され続けている「きのこの山」と「たけのこの里」。
約38年間熱い戦いを繰り広げてきた「きのこ派」と「たけのこ派」の戦いに決着を着けるべく、“国民総選挙”という公式な場で、民意を問うことを決定。

本CMで、松本が“総選挙委員長”を演じ、「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」への投票を国民に向けて熱く呼びかける内容となっている。

今回のオンエアと合わせて松本のインタビューも到着!

――『きのこの山・たけのこの里 国民総選挙 2018』総選挙委員長の松本さんは、この戦いをどのように見ていらっしゃいますか?

松本「想像つかないですね。2001年の総選挙ではたけのこの里(党)が勝ったということなので、きのこ党にも頑張ってもらいたいと思いますが、どっちも党がどのくらい票を伸ばすか気になりますね」

――ちなみにあえて選ぶとするなら、どの党を選びますか?

松本「いやー、これは私の立場からは選べないですね! どれもいいと思います。ひいきはできないです! でも個人的に好きなのはあるんですが…けどね。それぞれの良さがあるし「どっちも党」って人もいるのかな? …わからないですね!(笑) どうなるか乞うご期待!」

――今回誕生した「どっちも党」は、「絆」が党のテーマとなっています。松本さんが最近感じた「絆」をお聞かせください。

松本「ドラマや映画の撮影をしていると、家族よりも長い時間一緒にいるから絆が生まれますね。誰かがミスしたのを誰かがフォローするとか、チームワークが生まれてくるのが撮影現場の醍醐味だと思うので、それを最近感じます。やっぱり自分たちのグループでも絆を感じることがあるし、スタッフさんと何かを作っている時に感じることが多いですね」

――具体的に、「絆ができてきたな、強まってきたな」と感じるエピソードはありますか?

松本「誰かがちょっと失敗しないように、先回りしてフォローするとか。次のカットを撮るとき、別のセクション の人がカメラの三脚を移動している姿とか。現場移動の時にみんなで荷物を持って移動するとか。フォローしあう姿やそういう瞬間はチーム感があっていいなって思いますね」

<関連サイト>
「私じゃダメだ」矢口真里、DT男子にやんわりお断り
http://www.entameplex.com/archives/41728

おのののかが泣いて帰った男性の心無いひと言とは?
http://www.entameplex.com/archives/41703

東野幸治の止まらない“西野イジリ”に「神回決定」の声
http://www.entameplex.com/archives/41662