Entame Plex-エンタメプレックス-

広瀬すず、田中裕子との2ショット公開「全てを捧げた」


日本テレビ系ドラマ『anone』(毎週水曜夜10時~)で主演を務める女優の広瀬すずが21日、アメブロオフィシャルブログを更新。同ドラマの最終回放送前に「この6年間の集大成と言ったらおこがましいけど、これまでの作品、役、人に感化され今いる私が出来る全てを捧げた」と心境を明かし、共演する女優の田中裕子との“ピースショット”を公開した。

同ドラマは、「Mother」「Woman」に続く日テレと脚本家の坂元裕二氏が組むオリジナル作第3弾。演出の水田伸生氏ら両作品に携わったスタッフも参加している。社会からはぐれた少女・辻沢ハリカ(広瀬)と老齢の女性・林田亜乃音(田中)を中心にした物語。「うそ」をテーマにしており、金よりも大事なものがあることを描き出した。

「すきすきすきな、すきが」と題して更新したブログは、「昨日の夜みたんだ 普通に結構な嗚咽の勢い」と同ドラマの最終回を一足先に見たときの様子を綴り、「ハリカの気持ちは誰よりも私が知ってるし 亜乃音さん、青羽さん、持本さんへの気持ちも誰よりもあるしanoneへの気持ちも誰よりもあると思ってるし だから、すごくハリカとしても、広瀬すずとしても、すごーく溢れるものがあった10話でした」と振り返った。

広瀬にとって10代最後の作品だった同ドラマ。初めて映像の仕事をした時の作品も同ドラマの監督を務めた水田伸生であり、「大切な犬をね、探して 名前呼びながら抱きかかえる演技が出来なくて、何もかもペラペラで そんな私に細かく指導して頂いて、それでも今見る事すらできないくらい 酷いんですけれども、、あれから6年経って今また 監督の元、こうして、ご一緒させて 頂けているのが凄く不思議な感覚なんです」と監督との思い出を振り返り、感慨深い様子。

続けて、「しかも6年て、 わたし、割と続けれてる、、じゃないか ひたすら濃厚な6年間でした だから、私の中ではこの6年間の集大成と言ったらおこがましいけど、これまでの作品、役、人に感化され今いる私が出来る全てを 捧げたような感じ、というか つもりです」と同ドラマに懸けた思いを明かし、「もちろん力不足だなぁ、と思うことは 死ぬほどあります けれど 私はこの作品に出会えたことが 何より大切で、きっと、この世界にいてもanoneが、anoneが、あの時ね、 って言うこと、たくさんあると思う これが、本当にお芝居が楽しいって事なんだ、、って、思ったのさ、もちろん今までもたのしい時間は たくさんあったけど、これが、お芝居の本当の面白さと感じ方で それを受け取ってこんな風な気持ちが、、 とか、ちょ、何言ってるか分かんないかもしれないけど 本当に本当に お芝居が楽しくて楽しくてこんな楽しいって思ったの 本当はこれが初めてなんじゃないか、と 思ったくらい楽しかった もちろん、田中さん、小林さん、阿部さんだったから、こんなにも楽しかったって思うんだと思います」「んんん~ニセモノだろうが本物だろうが 自分が信じた、情が溢れるものが本物なんだと思います 罪を犯してでも守りたいもの、って 本当に守りたい約束とかって実はそんなたくさんないと思うから あの4人が幸せになってくれる事を 願います」と作品を通じて初めて知ったお芝居の楽しさや、共演者、登場人物たちへの思いを綴っている。

さらに、2016年に公開された『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』の続編となる主演映画『ちはやふる -結び-』(3月17日全国公開)については、「ちはやふるのみんなにも、また違う 特別な思いがある人たちです だいすきなんだよね、みんなのこと 大切」と共演者への思いを綴り、同シリーズについては、「この映画もとっても大切 私の初主演の映画です こうして今もまだ、届けれる映画が 目の前にあったこと幸せです」と率直な気持ちや、「ちはやふるは、とんでもなく面白いです 自分でいうけど 青春映画の金字塔 監督が自分で発したこの言葉を 予告やら何かに使われていて それをみて、何てことを言ってしまったんだと思ったらしいけど、、その通りだとおもう 自分でいうけど だってだって、そうなんだもーーーん ほら、映画.comのレビューみて! 高評価! 笑 まじまじ! 嬉しいんですけど!」とシリーズ完結編となる本作品をアピールし、反響にも大喜び。

そして、「映画はこれからですからね 映画が終わっても私達ちはやふるは まだまだ終わらないですから またいつかみんなで集まれたらいいな」と綴ると、「この作品は2年ぶりに現場に行っても スタッフさんもこの作品を愛しているのがわかるくらい皆様の愛情が すごいんです もちろん、anoneも、かなり、負けないくらい」と広瀬にとって大きな存在となる2作品への思いを綴り、「こんな作品に出会える運の強さ!健全!あざーす!」と結んだ。

ファンにも「すごい沢山の方が足を運んでくださっているようで、ありがとうございます」と感謝を述べている。

最後は、同ドラマで共演した田中との“ピースショット”を公開。「大好きで大好きで 心から尊敬している、田中裕子さん 亜乃音さん、ありがとう 裕子さん、ありがとうございました!」と田中と田中が演じた亜乃音へ感謝のメッセージを送っている。

ファンからは「豪華ショット♪」「おふたりのツーショット待ってましたー」「すずちゃんと田中裕子さんの仲の良さが伝わってきます」「2人の笑顔が、最高」「とっても素敵です!」「ツーショット写真素敵」などのコメントや、「眼が離せないドラマでした」「ハリカもあのねさんも、あおばさんももちもとさんも、みんな可愛かった」「いい最終回でした!」「もっともっと 観ていたかった!」「感情移入し過ぎて胸がいっぱいで喉がギューーーってなりながら涙して見ました。。」「毎週楽しみに見てたので終わってしまって寂しい…」「anoneおわるの寂しいな」「どんな形でも四人が再び出会えて良かったです」「本当にこの作品があのメンバーで良かった!たくさんありがとう」と熱い声や、“anoneロス”の声が相次いでいる。

<関連サイト>
女優・柳美稀、実はサブカル系ツンデレ女子だった!?
http://www.entameplex.com/archives/42080

ミラクルひかる“地上波NGネタ”に「さすがだね!」の声
http://www.entameplex.com/archives/41912

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
http://www.entameplex.com/archives/41915