Entame Plex-エンタメプレックス-

千鳥新番組のヤンキー対決動画が話題「くっそわろたww」


AbemaTVのレギュラー番組『チャンスの時間』が、5月8日深夜に放送された。
同番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じてしまうような、身近にあふれる様々な疑問についてMCを務めるお笑いコンビ・千鳥の2人と一緒に“クセの強い対決”で、実際に検証し、真実を明らかにしていく新感覚バラエティ番組。

また、株式会社サイバーエージェントが運営する予想投票サービス「SUPERCHOICE(スーパーチョイス)」と連動を行い、視聴者が“対決”の結果を予想し、投票することができる。

番組の後半では、スタジオに登場する5組の“ひょうきん者”とノブが即興漫才に挑戦し、何組が大悟を笑わせることができるかを検証する“ノブmeets素人!大悟笑わせ漫才対決”を行った。

スタジオに登場したのは、路上ギャグマシーン・オモロ川だいすけ、お笑いトリオ・THEお母さん’Sのちょーちゃん、お笑いコンビ・ソノヘンノ女、アイドルグループ・フェッティーズのR(アール)、お笑いコンビ・OPNUの小春桂子。

打ち合わせなしで行われる即興漫才に対し、大悟は「(自信は)あります。笑わない。漫才になると漫才師のスイッチが入りますから厳しく見ます」とコメント。しかし、オモロ川だいすけとノブが登場しただけで顔がにやけてしまった大悟は、オモロ川だいすけの不思議なギャグや、ノブの軽快なツッコミに漫才開始から1分もたずに笑ってしまった。

その後も、続々と披露されるノブの即興漫才に大悟は大爆笑! 楽しそうな大悟に反し、ノブは「死ぬ、死ぬ! 死ぬんじゃ~」と、かなり疲れた表情を見せた。

また、4月17日の初回放送でお届けした、栃木県を代表する暴走族2組が、どちらが大声を出せるかを競う“自己紹介大声タイマン対決”や、ヤンキー座りの態勢でリレーをする“ヤンキー座り50mリレー”、激辛デスソースを入れ続けどこまで我慢できるかを競う“デスつけ麺対決”を行い、どちらが強いかを検証する対決が、放送後さらに人気を集めており、一見怖そうに見えるヤンキーたちが“好きな動物”や“好きな芸能人”を恥ずかしそうに叫ぶ姿や、様々な競技に一生懸命取り組む姿に視聴者からは「マジでくっそわろたwwwwww」「痛い子達だけどかわえぇ」などのコメントが殺到。インターネットを中心にたくさんの話題を呼んでいる。

©AbemaTV

<関連サイト>
千鳥・大悟、先輩芸人の品川祐に何度も電話をぶつ切り…
http://www.entameplex.com/archives/42949

千鳥が“クセが強い対決”で気になる疑問を解決!
http://www.entameplex.com/archives/42414

「クセがスゴい~!」千鳥の岡山弁満載のLINEスタンプが配信開始!
http://www.entameplex.com/archives/31545