Entame Plex-エンタメプレックス-

おぎやはぎ小木「ブスには(水着の)トレンドとかない」


7月16日、AbemaTVのレギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#75が放送された。

同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日の放送回では、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にタレントの祥子、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナを迎えた。

今回は「今年もやって来た♡ブスが水着で大集合SP!」と題して、自称“ブス”メンバーには、自前の水着でスタジオに登場してもらった。矢作は「俺、何となく分かっていて今日来たんだけど、スタジオ入った瞬間にアクビしたからね。(番組始まる前から)もう疲れてきちゃって…。俺嫌なことがあると眠くなっちゃうの」、小木も「ブスには(水着の)トレンドとかない」とコメントする中、自称“ブス”メンバーは1人ずつ、カメラの前で“悩殺ポーズ”を披露して番組がスタート。

思い思いの水着を着た自称“ブス”メンバーが勢揃いして始まった、テーマ「更衣室で見たブス」では、更衣室で目撃したブスの情報を街で集めた。すると「ロッカーに取り忘れられた100円玉を集めるブス」「他人と脚の太さを比べて確認するブス」「ブラとパンツだけで歩き回るブス」「胸を大きく見せるために、靴下を詰めているブス」などの目撃談が明かされた。

スタジオでは、“美人コメンテーター”して登場したタレントの祥子にも「更衣室で見たブスの目撃談」を聞いてみると、「アメニティーを平気な顔で持って帰ったりとか、化粧水とかも(自分で)容器を持ってきて(詰めたり)。綺麗な人は、自分の使う化粧水にもこだわりがあるじゃないですか?だから持って帰る必要がない。でも(ブスは)持って帰るってことは、そこまでこだわりがない」と、ブスな行動について厳しい意見を語った。

続いてオアシズの大久保も「高校生の時に、みんなで合宿に行ったんです。学校指定のジャージを着ていて、夜お風呂に入ってパンツを着替えて、また同じジャージを着るんだけど、脱いだパンツが無くて…。盗まれた!と思って、友達とみんなで探したんだけど見つからなかった。翌日、家に帰ってジャージを脱いだら、(ズボンの)裾にぐるぐるになったパンツがあった」と、盗まれたと勘違いしてしまったエピソードを明かし、スタジオの全員が大爆笑する一幕も。

続いてのテーマ「ブスが気になっている店員さん」では、出演者のみなさんが気になっている店員さんの話を聞いた。自称“ブス”メンバーからは「帽子を褒めてくれたコーヒーショップの店員さん」「私に気がありそうな若手マッサージ師」「実家の青果屋で働く優しい外国人」「息がぴったり合う配達員さん」など、それぞれ気になる店員さんのエピソードを披露。

すると、“美人コメンテーター”の祥子も「ゲリラ豪雨にあって、傘を持っていなかったのでずぶ濡れになってしまって、雨宿りしようと近くのレストランに入った時に、店員さんが『これで拭いてください』とタオルをくれて、私が体を拭いていたら、違うタオルで頭を拭いてくれた。『体を拭いても髪が濡れてたら意味がないですよね』みたいな。イケメンでした。ちょっと好きになるかと思いました」と明かしたところ、スタジオ騒然! このエピソードに、大久保は「(普通)やれないでしょ! そんなこと」、矢作も思わず「かっこいい」、おかずクラブのオカリナも「髪を拭かれたら、やっぱ好きになるでしょ」と驚きながらもコメントした。

その他、今回も炸裂した自称“ブス”メンバーの芸人・アミの“妄想恋愛トーク”などは、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
矢口真里、モー娘。も楽屋でHな話をする?「ご法度…」
http://www.entameplex.com/archives/44275

可愛すぎる女芸人まちむすめにブス芸人からブーイング!
http://www.entameplex.com/archives/44096

藤田富、ブスたちの餌食に「お前ら全員抱いてやるよ!」
http://www.entameplex.com/archives/44046