Entame Plex-エンタメプレックス-

パンサー向井、自撮り画像の加工「浅ましさ見えちゃう」


AbemaTVの新レギュラー番組『アオハル♥LINE』#3が7月19日に放送された。

同番組は、お笑いトリオ・パンサーの向井慧、タレント・朝日奈央、モデル・中島健、モデル・里々佳をスタジオMCに迎え、全国各地に住むお互いの顔も名前も知らない現役高校生の男女6人が、コミュニケーションアプリ「LINE」のグループに入会し、顔と名前を伏せた状態から「LINE」上でのやりとりを繰り返すなかで、恋に落ちて行くまでを追いかける“LINE恋愛リアリティーショー”。

番組内では、想いを馳せる相手から届く「LINE」のメッセージに一喜一憂する様子や、恋焦がれた相手を初めて目の前にした時の緊張の瞬間など、“青春=アオハル”いっぱいの様子を楽しめる。

この日の放送回では、お互いの顔も本名も知らない状態で、「LINE」のグループに入会した、「LINE」ネーム・ダンク(大阪在住の17歳)、しらたき(埼玉在住の17歳)、サムライ(福岡在住の17歳)の男子高校生3人と、サマー(青森在住の17歳)、ビーバー(京都在住の17歳)、おもち(沖縄在住の16歳)の女子高校生3人がLINE上だけのやりとりで交流を深めていくなか、ダンク(17歳)の提案によって“それぞれのタイプのメンバー”を打ち明ける様子をお届け。提案者のダンク(17歳)は早々に「おれはサマーがタイプすぎる笑」というLINEを投下し、高校生メンバーもスタジオMC陣もまさかの急展開に大興奮。さらに、女子高生メンバーのサマー(17歳)がその想いに応える形で「えーーーー!!! 嬉しいよ!!! うちもだよ」と返答。まだお互いの顔を明かす前の段階で、“両想い状態”となった高校生たちを目の当たりにした朝日は、「(お互いの)顔見る前に大丈夫!?」と心配するなど、驚きを隠せない様子。一方で視聴者からは、「ダンクとサマー推しだから嬉しい」とお互いの顔を見る前から惹かれ合う2人を応援する声が寄せられた。

お互いの“タイプのメンバー”を打ち明ける流れの中で、徐々にメンバー間の恋の矢印が浮かび上がり始め、女子高生メンバーのサマー(17歳)は男子高生メンバーのダンク(17歳)へ、女子高生メンバーのおもち(16歳)は男子高生メンバーのサムライ(17歳)へ、それぞれ好意を寄せていることが明らかに。そんななか、まだ自分の“タイプのメンバー”を明かしていなかったメキシコ人の母を持ち恵まれた美貌を持つ、明るい関西娘のビーバー(17歳)は、自分以外の女子高生メンバーの動向を見ながら「(それぞれの意中の人を)奪うのも良いな」と自分の部屋で含み笑いをしながら独り言。

その様子を見たスタジオの朝日や向井らは、「怖い! でも、面白すぎる!」と盛り上がりを見せた。さらに、ビーバー(17歳)が「好みでやったらダンクくんやけど、タイプやったらしらたき的な、、、笑」と絶妙に思わせぶりなLINEの返答をすると、その上級者すぎる恋愛テクニックを見た向井や朝日は「ちょっとだけ匂わせた!」「うまいね!」と感心する様子を見せた。

番組の後半では、これまでお互いの顔を知らなかった高校生メンバーたちが、それぞれ“自撮り画像”を投稿してついに顔を公開することに。MC陣によるスタジオトークでは、相手に与える印象を決定づける“自撮り画像”を公開するなかで、「写真の撮り方も重要」という話題に。向井さんは画像を加工する際に明度をあげたりぼやかしたりして写真をより美しく見せるフィルターのことを“シャ”と称し、「(写真に)“シャ”をかけると可愛く見えるけど、“シャ”をかけているという浅ましさも見えちゃう」と苦言を呈した。一方で、「ここのバランスが非常に難しい」と少しでも可愛く見られたいという“女心”にも理解を示し、“自撮り画像”の公開によって高校生メンバーたちの恋心がどう変化していくのかに期待を寄せた。

©AbemaTV

<関連サイト>
朝日奈央、モテる女子の天然な言動に「やってんなって」
http://www.entameplex.com/archives/44341

LINEグループ“女同士の毒舌バトル”に「女子陣怖っ!」
http://www.entameplex.com/archives/44218

LINEだけで人は恋に落ちる!? 『アオハル♥LINE』放送決定
http://www.entameplex.com/archives/43728