Entame Plex-エンタメプレックス-

新川優愛『星屑リベンジャーズ』啖呵を切る姿に共感の声


AbemaTVは、メ~テレ(名古屋テレビ放送)との共同制作ドラマの『星屑リベンジャーズ』の第2話が、7月30日に放送された。

本作品は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、新川優愛演じる主人公・楠木春が全てを失いながらも“TRANSITION”という男性アイドルグループ5人組をプロデュースして芸能界をのし上がっていく様子を描く“痛快サクセスストーリー”。

過去のマネージャー羽鳥(コトブキツカサ)が、TRANSITIONのメンバー一人一人を罵倒するシーンでは「〇〇にそんなこと言うなんてひどい」「こんな事務所辞めて正解」「TRANSITIONのみんな、負けないで!」と、TRANSITIONメンバーを擁護するコメントが殺到。「事務所からの圧力ってこんな感じなんだ」と、番組がリアルに描く「金・権力・欲望・裏切り」などの芸能界の悪しき習慣に恥もプライドも捨てて戦いを挑む主人公たちの姿に多くの方の共感が寄せられている。

第2話では、シェアオフィスに事務所を移した春(新川優愛)たちは、さっそく宣材写真の撮影、楽曲の製作などの活動準備に取り掛かる。作曲家はホームページで募集し、資金50万円はクラウドファンディングで集めることに。クラウドファンディングでの資金集めも難航している中、トランジションの5人が在籍していた大手芸能事務所・渡長プロダクションから呼び出され、5人の育ての親である社長の渡長(光石研)から彼らがいかに不義理だったかを聞かされ、厳しい暗黙のルールが存在する芸能界での成功は難しいと告げられる。何もかもうまくいかないトランジションは、果たして無事に活動再開できるのだろうか——というストーリーになっている。

TRANSITIONと共に芸能界で成功していくという決意新たに、「この業界のことを何も分かっていない。彼らには価値がない」と言い放った渡長社長に宣戦布告をしに行くシーンで春が「業界のルールやくだらない圧力、くそほど興味がないだけです」と啖呵を切るシーンでは、「くだらない圧力くそほど興味がないってまじでかっこいー!」「こんな上司がいたら最高!」などのコメントが寄せられた。

春が衣装を選び、TRANSITIONとしての初めての宣材写真を撮影するシーンにちなみ、『星屑リベンジャーズ』出演者の初めての宣材写真を含むあどけない姿の写真を公開。ドラマ内では凛とした女社長になりつつある新川のあどけない表情や、毎日必ず定時に退社するがプライベートが全く見えない不思議な女性を演じる生駒の初々しさの残るデビュー当時の写真のほか、子役としても活躍していたメンバーもいるTRANSITIONの5人の過去の宣材写真は番組公式サイトで公開中。

©AbemaTV

<関連サイト>
新川優愛、制服姿、シャンパンでずぶ濡れで体当たり演技
http://www.entameplex.com/archives/44551

新川優愛、生駒里奈らとの『マネキンポーズ』が大反響!
http://www.entameplex.com/archives/44474

新川優愛「生駒ちゃんはすっぴんが可愛い!」
http://www.entameplex.com/archives/44338