Entame Plex-エンタメプレックス-

新川優愛『星屑リベンジャーズ』謝罪会見シーンに反響!


AbemaTV、メ~テレ(名古屋テレビ放送)との共同制作ドラマ『星屑リベンジャーズ』の第3話が、8月6日に放送された。

本作品は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、新川優愛演じる主人公・楠木春が全てを失いながらも“TRANSITION”という男性5人組アイドルグループをプロデュースして芸能界をのし上がっていく様子を描く“痛快サクセスストーリー”。

第3話では、バイトが忙しくなかなかダンスや歌の練習時間が確保できないTRANSITIONのメンバーのために、時間の調整ができて、芸能活動につながるバイトとしてライブ配信アプリ「17ライブ」の公式契約を結ぶために、春が「17ライブ」関連会社の社長・牧野(淵上泰史)に直談判するシーンが放送された。

安定した収入を得るために、個別ではなくグループとしての公式契約をと交渉する春と、牧野社長の後ろから辛辣な言葉を投げかける美人秘書・森真奈美(松田るか)との間に流れる気まずい空気に「春頑張れー! でも、美女同士の戦い、イイ!」など、
美人秘書との静かな戦いに反応した視聴者から多くのコメントが寄せられた。

TRANSITIONのメンバーのため春が孤軍奮闘する一方で、トラブルに巻き込まれているメンバーが。
自分が芸能界を引退するきっかけとなった過去の暴力事件をネタに、元俳優の吉家猛(柳俊太郎)が速水祐也(塩野瑛久)に
「グループを辞めろ!」と脅していた。メンバーのことを思い、一度はグループを辞めることを決意した祐也の「本当は続けたい」という本音を聞いた春は一か八かの大胆な作戦に出ることに。

「17ライブ」の対決企画で祐也が全てを公表し謝罪する生配信を行うと、「最悪ー!」「すぐ辞めろ!」など否定的なコメントが殺到。メンバーの結城史人(森永悠希)がたまらず配信に映り込み「みんなが許さないというなら解散します」とユーザーに伝え、祐也が改めて土下座をして謝罪すると、風向きは一転。「ちゃんと謝ってて逆に好印象!」「辞めないで!」「もう謝らないで~!」と、応援するコメントがたくさん寄せられ、「17ライブ」は春たちと契約を結ぶことを決めた。祐也の正々堂々とした謝罪会見には、「ここまで潔く謝られたら逆に応援したくなる」「本当の芸能人もこれぐらい真摯に対応すべき!」などのコメントが寄せられ、逆風を追い風に変えた春の機転の利いた大胆な作戦は視聴者から多くの共感を得た。

©AbemaTV

<関連サイト>
新川優愛『星屑リベンジャーズ』啖呵を切る姿に共感の声
http://www.entameplex.com/archives/44689

新川優愛、制服姿、シャンパンでずぶ濡れで体当たり演技
http://www.entameplex.com/archives/44551

新川優愛「生駒ちゃんはすっぴんが可愛い!」
http://www.entameplex.com/archives/44338