Entame Plex-エンタメプレックス-

『シモネタGP2018シモ半期』優勝は、どぶろっく!


12月3日、AbemaTVのレギュラー番組『シモネタGP2018シモ半期』の優勝者を決める決勝戦が生放送された。

この日の決勝戦には、総勢80組もの芸人が集結した予選大会から、決勝戦に駒を進めることが出来た計16組の芸人が登場。
オープニングでは、ついにやってきた決勝戦について、審査委員長を務める笑福亭鶴光が「“ベテランの話術”か、“究極のエロエロ”か。今回は生放送! 言うたもん勝ち! だから今回でマスコミから排除される覚悟で頑張ってもらいたい」と答え、審査員の関根勤も「“シモネタ”がここまで神々しく、大々的に取り上げられるなんて嬉しい! (M-1グランプリにも)内容は負けてないと思う」とコメントした。

タイムマシーン3号は“歴史”と“シモネタ”をかけた漫才、なすなかにしは“歌ネタ”と“シモネタ”を融合させた漫才を披露。そしてAMEMIYAは、“エロ替え歌”メドレーを熱唱し、どぶろっくは会場全体を巻き込みながらの“歌ネタ”でスタジオを大いに盛り上げた。4組全てのネタが披露され、投票の結果『シモネタGP2018シモ半期』の優勝者は、どぶろっくに決定。また、どぶろっくとタイムマシーン3号の点差がたった3点だったことが発表されると、タイムマシーン3号の関太は、驚いた表情を見せながら投票を行った観客に対し「誰だ!?」と叫び、スタジオの笑いを誘った。

見事優勝を果たしたどぶろっくの森慎太郎は、「ちょっと言葉が見つからなくて…。とりあえず、“シモネタ”やっててよかったー!」と喜びをあらわにし、江口直人も「ケンコバさんが名前を読みあげた瞬間…」と言ってまたもや歌ネタを披露し会場を盛り上げた。新たな“シモネタ”の頂点に君臨したどぶろっくの2人には、優勝トロフィーと、優勝賞金の100万円、そしてAbemaTVの番組MC権がプレゼントされた。そんなどぶろっくが披露した、渾身のシモネタは、「Abemaビデオ」にて視聴が可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
“シモネタ”の頂上決戦『シモネタGP2018シモ半期』放送
http://www.entameplex.com/archives/45307

紺野ぶるま「優勝しか考えてない」白熱のシモネタ決勝戦
http://www.entameplex.com/archives/46790

かもめんたる「シモネタで100万もらえるって夢ある!」
http://www.entameplex.com/archives/43692