Entame Plex-エンタメプレックス-

渡辺直美、濃厚ランドリーキスに「叫びすぎて声枯れた」


AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー番組『恋愛ドラマな恋がしたい2』が、12月15日に放送された。

同番組は、お笑い芸人の渡辺直美、俳優の前野朋ん、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあをスタジオMCに迎え、若手俳優男女8人が、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、“ちょっぴり大人の恋愛”リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に毎回用意されている様々なキスシーンを演じていく。

この日の放送回では、番組に出演する熊木陸斗(以下、りく/28歳)、七瀬公(以下、コウ/24歳)、兵頭功海(以下、カツ/20歳)、聖貴(以下、まさき/22歳) 、花音(以下、かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下、ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下、さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下、もか/22歳)ら若手俳優の男女8名が、前回の放送でペアを組み稽古を積んだカップルが劇中で放送される恋愛ドラマ第2話のオーディションに挑む様子が放送された。

第2話で描かれるのは、同棲を始めたばかりの2人が訪れたコインランドリーで突如遭遇した元カレとの3人の恋愛ドラマ。物語のラストで元カレに見せつける、回る洗濯機のように濃厚に絡み合う“ランドリーキス”が、本作の見せ場。今回、演技指導の澤田育子先生から「ここの2人のキスが1番観たいと思った。特にかのんさんの演技がダントツでいいと思った」という理由で主役カップルに指名されたのは、まさきとかのんのペア。

さらに、“元カレ役”にはスタジオのMC陣からも「ダントツでよかった」と絶賛の声が上がったコウが選ばれた。第1話で想いを寄せるカツとキスシーンを演じたにも関わらず、次のペア決めでカツに自分ではなくもかを指名されてしまい傷心のかのんは、その想いを振り切るかのように「1話目より4倍いいの撮ろう」と相手役のまさきに語りかけ、撮影に挑んだ。迎えた本番、まさきがかのんをリードする形で交わされたキスは40秒ほど続き、あまりの濃厚さにスタジオで見守っていたMC陣も絶叫。“ランドリーキス”の名の通り、絡み合うような情熱的なキスに渡辺さんも「叫びすぎて声枯れた」と明かし、福徳さんも「(このキスされたら)もう好きになるって絶対」と大興奮する様子を見せた。

視聴者からも「脳内が最高のキスでいっぱい」「ドキドキ通り越して心臓バクバク!」など絶賛の声が相次いだ。

恋愛ドラマの第1話でかのんとキスシーンを演じたカツは、「かのんも気になるが、第1印象で気になっていたもかへの気持ちを確かめたい」という理由で、前回のペア決めではかのんではなくもかを指名。しかし、今回かのんとまさきの濃厚なキスシーンを目の当たりにしたカツは、奇しくも劇中で描かれた「元カレに見せつけるような“略奪キス”」に自分を重ね合わせ、「かのんへの好意」という自分の本当の気持ちに気付いてしまう。居ても立っても居られなくなったカツは、ひとりロケバスの車内に避難し、「ウォー!!」と大きな叫び声をあげながら言葉にならない想いを発散しようとする。その様子をスタジオで見守っていた渡辺は「切なすぎる…。めちゃめちゃこたえてるじゃん」とカツに同情し、福徳さんは「(ひとりきりで大声で叫ぶ行動は)シャワーで俺もやる」とまさかのカミングアウトをし、スタジオの笑いを誘った。

視聴者からは「カツの嫉妬にまみれた顔が最高だった、、、最高に男だったよ」「カツくんもうちょい気付くのが早かったらなあ…」「今回まじやばい神回」など、波乱の展開に様々な声が寄せられた。

渡辺や視聴者から興奮の声が殺到した濃厚すぎる“ランドリーキス”の様子は、見逃した番組をいつでも視聴できる「Abemaビデオ」にて、無料で視聴できるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
若手俳優たちはドラマのキスシーンで恋におちるのか?
http://www.entameplex.com/archives/46376

渡辺直美、番組史上最も切ない台本に「ぐっと来た!」
http://www.entameplex.com/archives/44506

谷まりあ、絶賛の若手俳優を巡る大波乱が勃発!
http://www.entameplex.com/archives/44401