Entame Plex-エンタメプレックス-

渡辺直美、混浴温泉の“湯けむりキス”に「やばいこれ」


AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー番組『恋愛ドラマな恋がしたい2』が、1月5日に放送された。

同番組は、お笑い芸人の渡辺直美、俳優の前野朋ん、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあをスタジオMCに迎え、若手俳優男女8人が、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、“ちょっぴり大人の恋愛”リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に毎回用意されている様々なキスシーンを演じていく。

この日の放送回では、番組に出演する熊木陸斗(以下、りく/28歳)、七瀬公(以下、コウ/24歳)、兵頭功海(以下、カツ/20歳)、聖貴(以下、まさき/22歳) 、花音(以下、かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下、ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下、さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下、もか/22歳)ら若手俳優の男女8名が、前回の放送でペアを組み稽古を積んだカップルで劇中で放送される恋愛ドラマ第4話のオーディションに挑む様子が放送された。

第4話で描かれるのは、会社の仲間との温泉旅行中に偶然露天風呂で鉢合わせになってしまった男女が、秘めていた恋心を告白し合う恋愛ドラマ。クライマックスに待ち受ける、混浴温泉での“湯けむりキス”が本作の見せ場となる。今回、演技指導の澤田育子先生から「ここの2人のキスが1番観たいと思った」という理由で主役カップルに指名されたのは、まさきともかのペア。しかし、続けざまに澤田先生より「正直なところお伝えしますと、女性はさぶりん、男性はコウが一番よかったが、ペアとしてのバランスを考えてお2人(まさきともか)を選んだ」と主役抜擢の真意を告げられると、メンバーはそれぞれ複雑な表情を浮かべ渦巻く感情を消化しようとする様子を見せる。

そんな中、初回放送からペアを組んで絆を深めてきた、美男美女のペアながら、少し天然なミケをいつも大人の包容力であたたかく見守るりくの構図が「観ていて癒される」と視聴者やスタジオのMC陣からも大人気の“ミケりくペア”は、4度目となるオーディション落選に人一倍悔しそうな表情を浮かべる。特にりくは、「絶対に2人で受かりたかったので悔しい、せめてミケちゃんだけでも主役とってもらってそのドラマがミケちゃんのものになってるところを観られれば」と、涙ながらに心中を語る様子に渡辺さんは「愛ですね・・・」とつぶやき、福徳さんも「りくかっこいい、この2人は間違いない」と感激する様子を見せた。

りくのミケへの一途な想いに、視聴者からも「このカップル天使すぎる」「りくくん、かっこいいにも程がある」など絶賛の声が寄せられた。

スタジオでは、混浴温泉での“湯けむりキス”という特異なシチュエーションに渡辺も「もかが楽しみ!セクシーなのよねもかって」と期待を寄せ、福徳も「いくら芝居とは言え、興奮おさえられへん」と大盛り上がりする様子を見せた。一方、初回放送の顔合わせでもかに一目惚れして以来、もかにずっと片想いしているまさきは、「(もかへの気持ちを)演技に込めたい」とカメラの前で意気込みを語った。迎えた本番、湯けむりが立ちのぼるなか、温泉に浸かったまさきともかは何度も口づけを交わす。監督から「カット!」の声がかかるや否や、もかは火照った顔を手であおぎながら「恥ずかしいと笑っちゃう」と照れ笑いを浮かべてまさきを見つめる。見つめられたまさきも「やべ、力ぬけた」と放心状態になっている様子を見せ、スタジオで見守っていた渡辺は「やばいこれ絶対好きになってる!!」と指摘。福徳も「これはすごい、ちょっと勘弁してくれ」と、大興奮の様子を見せた。さらに、視聴者からも「毎回ドキドキさせてくれてありがとう」「今回のキス永久保存版」「温泉キス最高に良くて眠れなくなった!」と絶賛の声が寄せられた。

「ドラ恋」史上一番の色っぽさとなった“湯けむりキス”の様子は、見逃した番組をいつでも視聴できる「Abemaビデオ」にて無料で楽しめるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
渡辺直美、女優全員号泣の修羅場に激怒「これはひどい」
http://www.entameplex.com/archives/47485

渡辺直美、“号泣キス”に涙「最高のキスだった」
http://www.entameplex.com/archives/47426

渡辺直美、濃厚ランドリーキスに「叫びすぎて声枯れた」
http://www.entameplex.com/archives/47163