Entame Plex-エンタメプレックス-

ホリエモン、センター試験自己採点の結果を一挙公開!


2月5日、AbemaTVで“東大合格”を目指す受験ドキュメンタリー番組『ドラゴン堀江』#12が放送された。

同番組は、高校3年生の夏の時点で“E判定やF判定”だったにも関わらず、見事、東京大学文学部の現役合格を果たした、実業家の“ホリエモン”こと堀江貴文が、独自の“堀江メソッド”により、たった半年間という短い期間で若手タレントたちを“東大合格”へと導き、また堀江自身も東大受験に挑む受験ドキュメンタリー番組。

この日の放送回では、堀江のセンター試験の自己採点結果を発表し、二次試験への作戦会議の模様を放送した。
堀江のセンター試験自己採点の結果は、英語171点、国語156点、数学(Ⅰ・A57点、Ⅱ・B39点)96点、理科73点、社会(地理84点、倫理・政経73点)157点の合計900点中653点。正解率は72.6%という結果に。
センター試験の手応えを聞かれた堀江は「俺だけ崩壊して500点だったらどうしようかなって思ってた。
一応、二次試験の話をしてもいいくらいの点数は取れた」と答えた。

文科Ⅰ類であれば、堀江さんの653点でもまだ東大合格のチャンスはあり、合格に必要な二次試験の点数は、440万点中270点。この270点の取り方に対し、堀江は「現役の時を考えると、英語95点は取りたい。国語は80点。社会は地理で50点、日本史で40点の90点。数学は1問取ればいい、20点。地理で取らないとダメだよ。ノー勉で取れるとしたら地理と英語だけだもん。現役の時は270点取ってるもん。不可能な点数ではない」と語り、二次試験の出願書を手に取った。

さらに堀江は、「番組見てる人もドキドキするよね。マジで受かったらどうしよう。みんな頭の中で東大って難しいって思ってるし、絶対足切り通らないと思ってるから。絶対通る点数でしか出さないんだよね。だから今回最小限の努力でどこまでいけるかっていうゲームをしているわけで、このゲームだったら誰か1人くらい受かるかなって。二次試験楽しみだな」と、二次試験への想いを語った。

©AbemaTV

<関連サイト>
Hカップグラドル センター試験の自己採点結果が明らかに
http://www.entameplex.com/archives/47883

堀江貴文の凄まじい集中力に講師陣も驚愕「化け物です」
http://www.entameplex.com/archives/47540

ホリエモン、メンタル崩壊のわちみなみを救ったメソッド
http://www.entameplex.com/archives/47079