Entame Plex-エンタメプレックス-

三四郎・小宮、“パンツの中身はなんだろな”で大暴れ!


2月20日、AbemaTVで『日村がゆく』が放送された。
同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していく番組。

この日の放送回では、ゲストに、お笑い芸人でビートたけし率いる“たけし軍団”のガダルカナル・タカとラッシャー板前、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信を迎え、テレビのバラエティ番組などにおける、罰ゲームや体を張った企画でリアクションをとって笑いを誘う、リアクション芸の未来を切り開くために、イマドキ(?)のリアクション芸に挑戦した。

早速、箱の中身を当てる伝統芸“箱の中身はなんだろな”を進化させた、パンツの中身を当てる“パンツの中身はなんだろな”という、ガダルカナル・タカとラッシャー板前が考案した最新のリアクション芸を、小宮さんが実践することに。

パンツの中身となる、マッサージボールをスタッフが持ってくると、目隠しをされ手を縛られた状態の小宮さん以外の3人が「いきなりこれからいくの?」「うわまじか…」と大げさに反応。
「待って。どういうこと?」と不安を見せる小宮に、ラッシャー板前が「アレルギーある?」と、マッサージボールではなく“動物”と思わせるような質問をすると、スタジオには笑いが。

その後、実際にパンツの中にマッサージボールを入れられた小宮が「うぇ~」と言いながら暴れまわる様子に、「小宮、ゲロ吐きそう(笑)」と、日村がコメントすると、スタジオは大盛り上がり。この中身がわからない状況に、目隠しを外した小宮が「取って~!」と、さらに取り乱す事態に。大先輩のガダルカナル・タカとラッシャー板前に、どさくさに紛れて、「これ何だよ!」とタメ口を使うほど取り乱した小宮だったが、中身がわかると「大丈夫じゃん」と呟き、その様子にスタジオは爆笑に包まれた。

番組ではさらに、昨今のコンプライアンス遵守の風潮を考慮して、過激過ぎない“ちょうどいいライン”のリアクション芸を開発するため、“ちょうどいいライン”の足つぼマッサージを行うことに。足つぼマッサージの激痛に耐える人の横に、音に反応して動き出す可愛い人形を置くことで、痛がる姿をまろやかに見せられるかどうかを、日村が実践。

早速、日村さんの「痛い、痛い、痛い!」と言う声で動き出した人形に、一同が「可愛い!」と盛り上がるなか、日村が「痛い!ちょっと待って!これ、いつ終わるの?」とコメントすると、スタジオは爆笑。その後も、笑い声や会話に反応して、動き続ける人形に、日村が「うるせぇな!終われないじゃん(笑)!」と口にすると、一同はさらなる笑いに包まれた。

その他番組では、ビンタされる様子を“可愛く見せる”TikTokを使ったリアクション芸に、小宮が挑戦。日村が「これは可愛い!朝ドラの前にイケる(放送できる)ね」と絶賛したTikTokの出来栄えや、ラッシャー板前自ら体を張って実践した、巨大風船を使ったリアクション芸は、「Abemaビデオ」にて、7日間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
星野源に憧れる男子高生をバナナマン日村が絶賛!
http://www.entameplex.com/archives/48002

バナナマン日村、“愉快すぎる”不動産屋のトークを絶賛
http://www.entameplex.com/archives/47750

バナナマン日村、SM芸人のリズムネタ「そんなの笑うよ」
http://www.entameplex.com/archives/47243