Entame Plex-エンタメプレックス-

ケンコバ “童顔Hカップ”グラドルに「歌えて挟めて…」


AbemaTVのレギュラー番組『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』が、3月23日に放送された。

『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』は、大人気アイドルグループの活躍や、バラエティ豊かなセクシー女優の登場により、徐々に活躍の場が減少し、まさに“苦境”に立たされている「グラビアアイドル」たちを救うべく、様々なテーマに基づいた“グラドルコンテスト”を開催し、グラビアアイドルの原石を見つけ出すスター発掘番組だ。コンテストのテーマには自らの特技を生かせるものから、生まれ持った個性で競うテーマも用意され、グラビアアイドル達の様々なアビリティ(能力、特技、才能)を開花させるコンテストを予定。各コンテストでグランプリを獲得したグラビアアイドルには、自身のプロフィールに輝かしい経歴として加えることができ、ブレイクのきっかけとなる“称号”を獲得することができる。

この日の放送回では、これまでに誕生した番組歴代優勝者が集結して、その頂点を決める「グランドチャンピオン大会」を開催しました。ゲストには、元国民的グラビアアイドルの細川ふみえ、ヤングチャンピオン編集部の中村顕一、sabra net編集部の内田英介、FLASH編集部の小山知輝の4人が登場。運営委員長のケンドーコバヤシと、副委員長で俳優の袴田吉彦と一緒に、大会運営委員として、「グランドチャンピオン大会」を採点した。

1回戦では、ケンドーコバヤシが「この競技好きなんですよ」と絶賛する、「リボンを剥がせ全身柔らか対決」を実施。脇の下やかかとなど、全身に貼られた14枚のリボンを、手を使わず“口で何枚剥がせるか”を競った。

最初に、グラドルの清水あいりが登場しデモンストレーションを実施するも、セクシーポーズを連発し、「取れへ~ん」と口にする様子にスタジオは爆笑。本番組のMCを務める、お笑いコンビ・麒麟の川島明が「今何してるの(笑)?」と、思わずツッコミを入れる場面も。そんななか、日本一“歌のうまいグラドル”を決める「全日本歌姫グラドルコンテスト」優勝者の“童顔Hカップ”水月桃子の挑戦では、14枚のリボンを全て剥がすことに成功。「自分の体がなるようになれ!という感じでやってました」とコメントした水月に、ケンドーコバヤシが「歌えて、挟めて、なるようになれるアイドルじゃないですか!」とツッコミを入れると、スタジオには爆笑が起きた。

その後、日本一の柔軟力を持つグラドルを決定する「第1回全日本柔軟女王グラドルコンテスト」優勝者の“天
才柔軟グラドル”夏本あさみが登場し、「(前回の出演で)ケンドーさんと私の掛け合いがネットニュースになったりしてて…」 というエピソードを披露。ケンドーコバヤシの「俺、変な風に言われてない?」という問いかけに、夏本が「夏本あさみにメロメロって書かれてました」と返すと、スタジオに爆笑が起こった。その他番組内でお送りした、歴代グランプリたちによる白熱したバトルの様子は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、放送後7日間無料で視聴できるので、ぜひチェックを。

そして、3月30日(土)の放送回では、「グランドチャンピオン大会」後半戦をお届け! 脚力勝負の“サドンデス大縄跳び”、お嬢様力が試される“利きブラ当て”、そして根性の“息止め対決”を勝ち抜くのは誰なのか!? 歴代グランプリたちの意地とプライドをかけたバトルの様子を、ぜひ、お見逃しなく!

©AbemaTV

<関連サイト>
ケンコバが奇跡の40歳グラドルを診察「至近距離すぎ」
http://www.entameplex.com/archives/48240

Iカップグラドルvsケンコバの百人一首勝負でポロリ寸前
http://www.entameplex.com/archives/46796

ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571