Entame Plex-エンタメプレックス-

島津亜矢、ブログ開設!山本譲二との秘蔵写真を公開


演歌歌手の島津亜矢が28日、アメーバにてオフィシャルブログを開設。デビュー前の島津と演歌歌手の山本譲二との秘蔵2ショットを公開した。

1986年のデビュー以来、まさに演歌一筋で2001年に「感謝状~母へのメッセージ~」でNHK紅白歌合戦に初出場、昨年2018年には5回目の出場を果たすなど演歌歌手として第一線で活躍する島津。さらに島津が出演した様々な音楽番組では、“着物”を着てポップスのカヴァーを歌うたびに、そのヴィジュアルのギャップと、歌唱力と表現力のインパクトに、視聴者や音楽ファンから「島津亜矢ハンパない!」「島津亜矢凄い!」といった驚きの声や、マキタスポーツ氏が“歌怪獣”と称したことでも話題となっている。

「☆祝☆初日!!」と題して初投稿したブログ。「初めまして島津亜矢です!今日からアメブロさんでお世話になります。よろしくお願いします」と挨拶からスタートし、「私事でございますが今日、48歳の誕生日を迎えさせていただきました 48歳!!うっそ~うかうかしてられません!身を引き締め直し、もっともっとたくさんのことに挑んで行く所存でございます!!どうぞよろしくお願いします」と意気込みを新たにした。

続けて、「37年前、東京で「日本ちびっこ歌謡大賞」という番組に挑戦していました!!山本譲二さんの「みちのくひとり旅」を歌わせていただきました」とつづり始めると、「当日の朝起きてドキッ声がガラガラです こんな大事な日に喉を痛めほとんど声が出なくなるなんて~しかも、ゲストが山本譲二さん」「悔しくて悔しくてでもその日は別の意味でも一生忘れられない日になりました」と当時を振り返った。

さらにブログには、歌っている島津の隣に山本が並んで立つ秘蔵2ショットと共に、「譲二さんが「寒かったから、風邪かな~、気をつけてね」とご自分がなさっていたマフラーを私の首にかけてくださいました~なんて素敵な方~~その時から今も譲二さんに恋してます」と山本の男前エピソードも披露。

本番は声を絞り出しただけで思うように歌えなかったという島津だが、2年後、山本の「ごめんよ」で再挑戦をし、優勝を果たしたという。「優勝させていただいた私の姿を譲二さんもコンサート先で観てくださっていたそうです」と明かし、「感激」「懐かしい! 改めてあの時の譲二さんのあたたかいお気持ち譲二さん、ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べ、「48歳頑張ります」とブログを締めくくった。

<関連サイト>
ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571

Gカップ元アイドル、禁断のセクシー女優デビューに密着
http://www.entameplex.com/archives/45945

みかん、剛力彩芽のものまねメイクを披露
http://www.entameplex.com/archives/45644