Entame Plex-エンタメプレックス-

小川彩佳アナ『報ステ』秘話を激白「古舘さんの前で…」


この日の放送をもって、本番組の司会進行を務める小川彩佳アナウンサーが番組を卒業し、小川アナにとってテレビ朝日アナウンサーとしてもこれが最後の仕事となった。番組の前半では、テレビ朝日の『報道ステーション』で小川アナがかつて“相棒”を務めたフリーアナウンサーの古舘伊知郎が、2019年4月より名古屋のローカル局CBC(中部日本放送)のお昼の情報番組『ゴゴスマ』のレギュラーコメンテーターに就任したニュースを取り上げた。

小川アナは、番組の本番前には古舘がひたすらしゃべり倒す打ち合わせが毎日2~3時間あったことや、カンペや原稿が存在しなかった『報道ステーション』の裏話を激白した。さらに、番組アンカーでセクシー女優の紗倉まなからそんな古舘の“攻略法”を問われると「(古舘のペースに)呑まれっぱなしの私には攻略法もみじんもないですが」と前置きした上で、「(古舘さんの前では)わたしはずっと映画『プラダを着た悪魔』で女優のアン・ハサウェイが演じる、新人編集部員の気持ちでいたんです。(映画で“鬼上司役”を演じた)女優のメリル・ストリープさんが古舘伊知郎さんという位置づけで。実際に古舘さんがいらっしゃるだけで、毎回空気がピリッと緊張感に溢れていた」と明かしスタジオの笑いを誘った。

また、番組の後半では元フジテレビの宮瀬茉祐子、元日本テレビの脊山麻理子、元NHKの古瀬絵理の3人の女性アナウンサーをスタジオゲストに招き、“女性アナウンサー”をテーマに議論を展開。競合局出身の先輩たちを前に「お手柔らかにお願いします」と小川アナが恐縮するなか、脊山アナは「多くの女子アナ志望者は小川アナを目指している。わたしも本当は小川アナみたいになりたかった」と打ち明け、スタジオの笑いを誘いました。さらに3月末でテレビ朝日を退社しフリーアナウンサーとなる小川アナへのアドバイスについては、これまでキー局の女性アナウンサー出身としては異例のセクシーグラビアに挑戦するなどで話題を呼んできた脊山アナはバッシング経験なども踏まえつつ、「(視聴者から自分への)意見を言ってもらえたり、話題にあげてもらえるだけで感謝が芽生える。興味を持ってもらえなかったら終わりなので、悪口ですら愛おしい」と心境を語った。

これに対して小川アナは、「皆さんの言葉が重いですね。ズシズシ来ました、今日は肩が凝りまくってます」と苦笑いしつつ、「今後つらいことがあった時は、御三方(宮瀬アナ、脊山アナ、古瀬アナ)の顔を思い出します」と語った。

本番組でお送りした内容は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で視聴できるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571

Gカップ元アイドル、禁断のセクシー女優デビューに密着
http://www.entameplex.com/archives/45945

みかん、剛力彩芽のものまねメイクを披露
http://www.entameplex.com/archives/45644