Entame Plex-エンタメプレックス-

『奪い愛、夏』ついに全員狂乱…視聴者「全員狂ってる」


AbemaTVのオリジナル連続ドラマ『奪い愛、夏』の第7話が、9月19日よる11時より放送された。

『奪い愛、夏』は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの“豪華怪演陣”が一挙に集結し、AbemaTVだからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む、クレイジー“狂愛”ドラマ。

桜(水野)の脳に腫瘍があり、余命が短いことを知った椿(小池)と杏(松本)。杏は椿よりも桜のことが好きだったことに気づき、目を覚ました桜に「壊れるほどに愛してくれて、ありがとうございます」と自分の気持ちを伝える。桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、込み上がる怒りが頂点に達し、暴走が加速。一方、自分の余命が残り1か月と知った桜に残された選択は「余命1か月を過ごす」か、「成功率3%の手術にかける」の2択。

究極の選択の中、杏が桜のために取ったとんでもない行動とは!?

視聴者からは「泣きそうになった」「桜さんの鈴の原因はこれだったのね・・」「桜さん、頑張って!」と余命わずかな桜に応援や同情をする声や、愛する桜のために体を張った杏に対し、「すごい!」「体を張った行動」「愛のために手段を選ばないのね」など、騒然とする声が多く届いた。

傷心の椿の前に井川(田中みな実)が現れ、「私、椿さんのことずっと好きだったんです」と告白。今まで椿を陥れた数々の行動は、好意の裏返しだったと告げ、杏の代わりに抱いてほしいと頼み込む。椿と肉体関係を持った井川は「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。

椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込み、ナイフで刺そうと近づく。杏は桜が腕の優れた医者のもとで手術が受けられるように、医者の大和(大鶴義丹)に頼み込む。お返しに体の関係を求められ、「あなたに求められることは全ていたします。」と桜のために覚悟を決め受け入れる。椿はホテルに入る2人を見つけ、杏と大和の関係を知った椿は、大和にナイフで襲い掛かる。

複雑に絡み合った愛の矢印と、壮絶な急展開の数々に視聴者からは「全員狂っている」「精神崩壊してない!?」「そこまでする!?」など、究極の行動に騒然とする声や、「最後の最後までどうなるか分からない!」「何も予測が出来ない」「本当に次、ラストだっけ?」など、次回が最終回とは思えない、7話の急展開の数々に、最終回への期待の声が多く届いていました。

次回予告では「命をかけた奪い愛」と桜と椿が屋上の端に立って並び、足を落として落ちるシーンや、「究極の大どんでん返し」と桜がショートカットの髪形で全身黒色の服に包まれ、ベビーカーと共に海辺に立ち、包丁を持ってニヤッとしている意味深なシーンが登場。予告を見た視聴者は「もう意味が分からない・・」「命をかけたって誰が死ぬってこと?」「桜さんショートカットだし謎深すぎる・・」「最高に楽しみ」など、最終回の中でも何度も波乱の展開が続きそうな予告を見て、次回放送を早く見たいと待ち望む声が多く寄せられた。

危険な愛の駆け引きに胸が高鳴り、その怪演に心が震える、日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー“狂愛“ドラマ!! この夏、恋愛ドラマの常識が変わるような本作品は、いつでも見たい番組を何度でも楽しめるオンデマンドエンターテインメントAbemaビデオにて無料で視聴できるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
『奪い愛、夏』ついに全員狂乱! 視聴者騒然の急展開…
http://www.entameplex.com/archives/51718

『奪い愛、夏』水野美紀と松本まりかの秘密が明らかに!
http://www.entameplex.com/archives/51619

「奪い愛、夏」初回放送は大反響「想像以上にやばい!」
http://www.entameplex.com/archives/51145