Entame Plex-エンタメプレックス-

May J.全国ツアー完走!ミュージカル挑戦をファンに報告


May J.が5日、大阪Zepp Nambaにて全国ツアー「May J. TOUR 2019 -NEW CREATION-」の最終公演を行った。

つんく♂と小室哲哉がタッグを組んだ作品として話題となった「Have Dreams!」のアカペラ歌唱からライブはスタート。3曲続けての歌唱を終え「本日がツアーファイナル、大阪です」と感慨深く話し、続けて、「今回のツアーのタイトル『NEW CREATION』は新しい創造という意味なんです。私も新しいことにチャレンジして自分を変えるんだってそんな思いを込めてツアータイトルをつけたんです。私は今年、バレエを始めました。それで、やっと言えるんだけど、なんでバレエを始めたかというと」といった瞬間、会場からは大きな歓声と拍手が飛び交う。

「初のミュージカルに挑戦させていただくことになりました!」と伝えると、更に大きな拍手と歓声が会場を埋め尽くした。

続いて、2019年4月にリリースされた、平成を彩った名曲をカバーしたMay J.の最新カバーアルバム「平成ラブソングカバーズ supported by DAM」よりメドレー形式でパフォーマンスした。「平成ラブソングカバーズ メドレー」のパートの最後には、今回の全国ツアーの一つの目玉となっていた、「『愛が生まれた日』デュエット企画」を実施。この企画は、事前に男性パート(「平成ラブソングカバーズ supported by DAM」に収録されている同曲ではデーモン閣下が歌唱するパート)を事前に練習してきてもらい、当日May J.がその場でデュエット相手を決め、ステージ上でデュエットするというもの。

「Band Session I」から、羽を纏ったようなドレスに身を包んだMay J.が登場。
「ロンド」「本当の恋」を熱唱し、MCでは、熊野速玉大社での自身のライブが梅雨時だったため雨のライブになってしまったが、宮司さんより「雨の日には雨の日なりの学びがある」と教えられ、これまでMay J.自身が様々な挑戦をしてきて、なかなか結果に結びつかなかった経験を重ね合わせ「その時にはその時なりの学びがあると信じて、これからも前に進み続けていきたいと思いました」と強い決意を述べ、続けて「夢や目標に向かって行くこの思いは誰にも壊させはしない、そんなテーマで書いた作品」と話した次の曲は、海外のファンに向けて作った英語詞の作品だが、この歌詞の世界観を理解してもらいたいと思い、今のMay J.の気持ちも含め、日本語で作詞をしてきたという「Faith (Japanese Ver.)」を歌唱。『今ならば 昨日より少しだけ強くなれる 今日より明日は輝ける 何度でも 何度でも
倒れても 顔を上げて』という歌詞は実に力強く、まさにこれからのMay J.の強い意志を感じる。

続いては、全国ツアーでは、既におなじみとなっている、May J.のピアノ弾き語りで「My Star」を歌い、観客を魅了する歌声が会場に響き渡った。

本編最後の曲「星に願いを」では、ダンサー二人がフラッグを持って登場し、壮大なエンディングで本編を終えた。

会場から溢れんばかりの拍手によって、アンコールで登場したMay J.は「10月入っても、ありえないくらい暑いですよね。涼しくなっていいですよね?じゃあ、この曲で、大阪を雪の国にしてやる!」というMCで「Let It Go」を披露。

最後の曲は、May J.がファンからもらったファンレターをきっかけとしてMay J.自身が作詞作曲をした「SIDE BY SIDE」。

「ファイナルの大阪、見守ってくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ホントに感謝しています。これからミュージカルという新しい挑戦を迎えます。そこでいろんなことを吸収して、もっともっと強くなったMay J.を皆さんに届けられるようにがんばります」と全国ツアーを締めくくった。

終演後、May J.は「今回の全国ツアーに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。今回のタイトルが『NEW CREATION』で新しい創造というのをテーマに、今回のライブを作り上げてきたんですけども、私自身毎回毎回全力で、その日のベストを出せるように歌わせてもらい、来てくださった皆さんの雰囲気で、毎回全く違うライブを経験することができて、得るものがたくさんあったし、すべての公演が特別なものでした。皆様のおかげで、皆さんと一緒に『NEW CREATION』を完成できたんじゃないかと思いますし、やっとミュージカル初出演の話もすることができて、私の気持ちも皆さんに伝えることができたので、ファイナルのこの日に、それが発表できたのも、『NEW CREATION』を完成させる一つのピースだったなと思います。これからももっともっと勉強して、ミュージカルでも多くの経験を積んで、パワーアップしたステージを届けられるようにこれからも頑張っていきます!」と決意を語った。

【セットリスト】
1, Have Dreams!
2, Be mine ~君が好きだよ~
3, So Beautiful

~平成ラブソングカバーズ メドレー~
4, ハナミズキ
5, また君に恋してる
6, PRIDE
7, M
8, First Love
9, 雪の華
10, 愛が生まれた日 (デュエット企画)

– Band Session I - (Shine Bright / Only one / 泣いていいよ)

11, ロンド
12, 本当の恋
13, Faith (Japanese Ver.)
14, My Star ~メッセージ~

– Band Session II – (Shake It Off)

15, Break Free
16, Sunshine Baby!
17, Shiny Sky
18, One to Love
19, the ONE
20, Garden
21, 星に願いを

[Encore]
En.1, Let It Go(劇中/英語)
En.2, ありがとう
En.3, SIDE BY SIDE

<関連サイト>
May J. 自身初となる“地元”横浜での単独公演を開催!
http://www.entameplex.com/archives/50397

May J. メドベージェワ選手にロシア語で愛の告白!
http://www.entameplex.com/archives/50187

May J.「ミュージックステーション」で悪魔とデュエット
http://www.entameplex.com/archives/49717