Entame Plex-エンタメプレックス-

水嶋ヒロ“半年のスピード婚”の裏側に自身の結婚観


AbemaTVのオリジナル結婚リアリティーショー『いきなりマリッジ3』の第7話が、2019年12月28日に放送された。

『いきなりマリッジ』シリーズは、2組の男女が初対面でいきなり結婚式を行い、その後30日間の新婚(同棲)生活を経て、晴れて本当の夫婦になるのか?それとも別れを選択するのか?その一部始終に密着する結婚リアリティーショー。本番組では、交際期間ナシの「0(ゼロ)日婚」よりさらに過激な「初対面婚」をコンセプトとし、恋愛リアリティーショーとは一線を画す、赤裸々な新婚生活を覗き見できるところが見どころとなっている。

第7話となる今回の放送では、MCの陣内智則、紗栄子と共に、スペシャルゲストに水嶋ヒロを迎え、最大の難関“親との同居”について話す2人の様子を見守った。

結婚生活も18日目となり、ヒナ(モデル/24歳)とジュンペイ(内装業・ダンサー/39歳)は、前回のケンカ以来、あまり話せていないまま遊園地デートへ。ぎこちない様子の2人でしたが、道中、前回のケンカについてヒナから「ケンカしたら仲がもっと深まると思った。もっと仲良くなると思ったけど、話すタイミングなかった」と切り出し、さらに「前に元彼に『話にならんわ』って言われたことあるんだ。そのことだなって思った、ケンカで。自分で何言ってるか分かんない時あるし、何しに怒ったか分かんないし。『絶対そっちが悪いでしょ!』みたいな時はイライラ収まらないんだけど。でも(前回は)外出た瞬間『え、寒い』みたいな感じですぐ冷めたの。多分絶対くだらなかったし。絶対ガキって思われたじゃんってなった」と、ケンカ後に自己嫌悪になった話がされると、ジュンペイは、「どっちが悪いとかってのは、ああやって揉める時ってないと思う。どっちもだと思う。そういうつもりじゃなかったんだけどっていうのあるじゃん?だけど言葉って全てにおいて受け取り側に主導権があると思う。だから、怒らしたことは俺も反省すべきところ」と、フォローの言葉をかけました。こうして、少しわだかまりが解けた2人は、笑顔でその後の遊園地を満喫。ぎこちない様子から一変、仲良く遊ぶ2人を見た陣内と紗栄子は安堵の表情を見せました。

今回、初めて2人を見た水嶋に、陣内から「30日での結婚はありえる?」と質問が及ぶと、すぐさま「ありえないですね」とキッパリ否定する水嶋。一方で「ただ…(結婚が)結構早かったんですよ。僕は半年で結婚してるんで…」と、自身も早かったという結婚までの期間について多少の理解を示した。さらに、
陣内が「結婚の決め手は何だったんですか?」と尋ねると、「僕の中でいつかあったかい家庭を築く、というのが夢として幼い頃からずっとあったので。そこの優先順位には何も敵わないっていうのがあって…そこで出会ってしまったので。“この人だ”という人に」「お母さんの存在ってものすごく大事で、子供に与える影響ってすごく大きいので、そういう意味で家庭的かどうか、とか…。あとは自分なりの好きに
なる人の色々というのも満たしていたら」と、幼い頃から抱いていた結婚観と、結婚にいたった経緯について言及した。

楽しかったデートも終わり、帰宅後に神妙な面持ちを見せるジュンペイは、おもむろに「30日終わった後、何かその先に不安ある?」「どこに住むとか、どういうところに住むとか」と話し始めた。ヒナは「そりゃあ名古屋から離れたくないけど、一緒に住むってなったら、またそれも“決断”っていうか…静岡でもいいし」と、静岡での生活に前向きな姿勢を見せ、それを聞いたジュンペイは、とうとう重い口を開き「うちの実家を改築して、ヒナと俺の部屋を作ったりするのはあんまよくない?実家には入りたくない?」と、これまでずっと言い出せなかった“実家での同居”について切り出した。思いもよらぬ展開にヒナは戸惑いの表情を見せますが、母親がケガで入院した事を挙げて“一緒に住みたい”と話すジュンペイに、ヒナは言葉を失ってしまう。

そんな、ヒナの呆然とする様子を見た紗栄子からは、たまらず「(24歳の女の子は)考えてなかったよね。答えだせないよね…すぐには」と、心配の声も。加えて、猫を20匹飼っている実家で、動物アレルギーのヒナが生活できるのか?ということも改めて言及され、あまりにも大きすぎる告白に、ヒナは「お義母さんと住む…姑と住むみたいなのが1番嫌だったんですよ。でも言えなかった…腰痛めて歩けないって言われたから」「今日言われたことに不満じゃないけど、心配は感じる…」と、大きすぎる問題に対して複雑な胸中を吐露。

一連の流れを見守った陣内と紗栄子から、「まだお義母さん早かったかも」「これは大問題だと思う!」との意見が挙がるなか、水嶋は「ヒナちゃんって言葉のチョイスがキツイだけで、実は不器用で優しそうじゃないですか」と話し、「だからこそ、姑と一緒に暮らすのは“嫌だった”って言っちゃったのは、彼女の言葉のチョイスなだけで、実際会って仲良くなったらコロッと変わったり…っていうのはあるんじゃないですか?」と、ヒナの性格を汲み取りつつ、既婚者ならではの見解を述べた。

©AbemaTV

<関連サイト>
陣内智則、“よしお兄さん”に禁断の質問!?
http://www.entameplex.com/archives/53431

紗栄子、“実家で同居”の条件は「考えちゃうかも…」
http://www.entameplex.com/archives/53175

紗栄子、初対面での“ロングキス”カップルに大興奮!
http://www.entameplex.com/archives/52880