Entame Plex-エンタメプレックス-

アレク、美尻妻に「すげぇ良い感じの友達みたいな感じ」


2月1日、AbemaTVのオリジナル結婚リアリティーショー『いきなりマリッジ3』の“ハイスぺ夫婦編”第3話が放送された。

『いきなりマリッジ』シリーズは、2組の男女が初対面でいきなり結婚式を行い、その後30日間の新婚(同棲)生活を経て、晴れて本当の夫婦になるのか?それとも別れを選択するのか?その一部始終に密着する結婚リアリテ ィーショー。

本番組では、交際期間ナシの「0(ゼロ)日婚」よりさらに過激な「初対面婚」をコンセプトとし、恋愛リアリティーショーとは一線を画す、赤裸々な新婚生活を覗き見できるところが見どころ。初回シリーズからシリーズ2作目にかけて、視聴者数は300%増え、女性視聴者に留まらず男性視聴者数が全体の約3分の1を占めるなど、毎シリーズ大きな反響を呼んでいる。

この日の放送では、MCの陣内智則、紗栄子と共に、スペシャルゲストのアレクサンダー(通称、アレク)を迎え、“ハイスペック夫婦”の2人がそれぞれの恋愛観について語る様子を見届けた。

結婚生活2日目の夜、仕事を終えた新郎のタケル(ヘアメイクアップアーティスト/33歳)が帰宅すると、新婦のナツキ(フィットネスインストラクター/29歳)のただならぬ異変を感じとり、急遽話し合いをすることに。タケルから「何が気になった?なっちゃんの声から聞きたい」と問われると、ナツキは「このまま30日一緒におったらめっちゃ好きになっちゃうかもしれへんな…って。多分営業スマイルや営業な顔は得意やから、29日までニコニコ平気な顔して、30日目に『やっぱ違います』って平気な顔で言えるタイプやなって思ったのよ。絶対傷つくやんアタシ…って、ちょっと萎えてた」と不安な気持ちを打ち明けた。

これを受け、タケルは「でも本当の気持ちはアタシしか分からないわけじゃん。普通に人間として“おろそかな部分”があったりするから、今まで結婚できてないわけだから。雰囲気がこんなんだから全部薄っぺらく思われちゃうし、みんな『チャラいでしょ?』ってなる。それが嫌なんだけど、でも人によってはちゃんと中身を見てくれる人は絶対いるって思ってて。だから見た目でしか人を見ない人とは結婚できないと思う。だったら、中身から見れるきっかけってなったら、会ったことない2人が会うのって、もしかしたら“面白い化学反応”が起きるのかな?って思ったんだよね」と話し、「顔がどうこうじゃなくて、人間として素敵かどうかじゃない?」と、自身の経験を踏まえて、この企画に参加した理由を告白した。

早くも自分をさらけ出すナツキと、いまだ本心が掴めないタケルについて、陣内が「ナツキちゃんはあのままの子だと思う。でもタケルくんはまだ仮面かかってない?話し方とかすごく優しいじゃないですか。変わる時あるのかね?」と疑問を投げかけると、アレクさんは「美容師の人って結構スイッチ半端ないよね。結構人を見てるっていうか上手かったりするから、常に人を考えてる感じはするよね」と、自身の友人の特徴を踏まえて、美容師の傾向を考察。しかし、その点も含めた上で、正反対のタケルとナツキについて「意外と相性良さそうかもしれないですね。SとドM…」と持論を展
開し、スタジオの笑いを誘った。

翌日、帰宅したタケルがナツキの手料理を口にすると、「どれも美味しい!いつも遅い時は食べへんから、こういうのたまにあるといいよね」と絶賛すると、続けざまに「結婚生活っていいね。仕事終わり帰ってきて、美味しいごはんと美味しいお酒…帰ったら誰かいるっていいよね。今日も帰ってくる時ルンルンで『ご飯できてるかな?』みたいな」と、新婚生活について語る。その後、泥酔したナツキがタケルの過去の恋愛について尋ねると、タケルは「昔、結婚しようとした人がいる。プロポーズもした事あるけど…アタシの中で“シンデレラ城の前で指輪を出す”っていうのがイメージであっ
て。跪いてやったんだけど断られて…。断られたから、諦めちゃった。初めてのプロポーズだし、これだけやってダメって事は引いた方が良いと思って。でも、後々聞いたら『11回言ったぐらいで引くようじゃ本気度が足りない』って。でもそれも分かるじゃん?好きだったけど、そこで止まっちゃった自分って、もしかしたら120%じゃなかったのかな…」と、過去の苦しい思い出を打ち明けた。

しかし、その反面で「今となっては、彼女に感謝。結婚ってそのぐらいの覚悟を決めなきゃダメってことを、俺も教えてもらった」と、自分が成長するきっかけとなった出来事であると、感謝の言葉を述べた。一方、タケルの話を聞いていたナツキは、「27、8歳の時は、結婚だったら“あれが良いこれが良い”みたいのがあった。でも『こういう人と結婚したい』っていう自分の理想像があったくせに上手くいかないってことは、そこに自分が何かしら釣り合ってない。だから“そこ”じゃないっていうのが分かってきた。自分の直感が自分に合ってないっていうことを、いい加減認めないと進めないと思った。自分の感覚はもう“ブレてる”ぐらいの、『お前(自分)のことは信用できねぇよ!』って、これに応募した」と、自身の性格を理解した上で、この企画に参加した理由を告白した。

過去の恋愛話で2人の距離が一気に縮まったように見えたものの、見守っていたアレクが「なんだろう…。ナツキさんは、すげぇ良い感じの“友達”みたいな感じ。元彼の話とか悪口とか言わないから…」と、遠慮がちにナツキの印象を述べると、陣内も「そうそう!そういう雰囲気やねん、すっごい分かる!だから俺が心配なのは、ナツキちゃんはすごく良い子だし、笑顔も素敵で元気。ただ、男からしたら“友達”って思ってしまう可能性大!ちょっと友達感覚。“一線越えない”可能性もあるかもしれないっていう不安」と賛同し、男性目線でナツキの振る舞いに危機感を示した。また、ナ
ツキについてアレクは、「ちょっとさらけ出しすぎた感じはあるよね」と見解を述べると、30日での結婚は「なさそうかな…。でも、どうなるか分からないから興味はすごいある。見えないっていうか…」と話し、2人の今後に期待を寄せていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
紗栄子、結婚について「より分からなくなった…」
http://www.entameplex.com/archives/53910

陣内智則、“よしお兄さん”に禁断の質問!?
http://www.entameplex.com/archives/53431

紗栄子、初対面での“ロングキス”カップルに大興奮!
http://www.entameplex.com/archives/52880