Entame Plex-エンタメプレックス-

グラドル・清水あいり、極楽とんぼ山本の猛攻に大号泣


お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱による番組『極楽とんぼのタイムリミット』#12が12日、AbemaTVにて放送された。

今回は昨年夏の放送で多くの反響を呼んだ、山本がツワモノ女子5人とボクシング形式で対戦し、最後まで倒されなかったら“賞金1000万円獲得”となる人気企画「山本圭壱が勝ったら1000万円」第2弾をお送りした。

解説席にはMCを務めるお笑いトリオ・パンサーの向井慧を迎え、対戦相手には、第1弾でも山本さんと対戦した元AKB48の西野未姫、空手歴12年&キックボクシング歴2年と実は武闘派のグラビアアイドル・清水あいり、そして、総合格闘家・華DATE、キックボクサー・ぱんちゃん璃奈に加え、プロレスラー・世志琥が参戦した。

早速1人目の対戦者、西野が登場。第1弾で惨敗を喫した西野は「一生消えない傷なんですよ」と、
山本との対戦で負ったという腕の内側にできた傷跡をアピール。「あの日の屈辱を絶対忘れない!」とボクシングジムに通い、復讐に燃えていた西野は、序盤こそ特訓の成果を見せつけ、完成度の高い攻撃を繰り出すものの、徐々に動きのキレが落ちはじめ…。見兼ねた加藤から「西野回れ!」「足使った方がいい」などの指示が飛ぶ中、奮闘を見せる西野に、山本は残り数秒のところでいきなりの突進攻撃を仕掛け、咄嗟に腕を顔の前に上げて怯えたような表情を浮かべた西野はそのまま為す術もなく、敗退。

解説席の加藤と向井はこの様子に「最後の突進は何だったんだ」と大爆笑。試合終了後、心境を聞かれた西野は「イライラする…!ムカつくー!だって、顔面…唇をぶん殴ってきたんですよ!こいつは女の子の唇をぶん殴ってきたんですよ!女の子の唇を…!」と怒りを露わにし、「最後ワケのわかんない突進が…なんなんですかアレは!」と猛抗議。山本は「最後の突進について説明します。最後10秒切っていたので、突進したらどんな顔を見せるんだろうと思って」と理由を明かすと、「危ないと思った人って、ああいう顔をするんですね!一番キレイですね、あの顔は」と淡々と語り、さらに西野の怒りと、加藤、向井の笑いを誘った。

続く2人目には、かわいらしい見た目とは裏腹に本格派の武闘技術を持つ清水が登場。
解説席から「気合が入ってますね~」と期待の声が上がる中、清水は「ちょっと体重差と身長差と結構あるので、蹴りもアリにしていただきたいんですけど…」と、得意な蹴りを“OK”にしてほしいとの要望を口にした。これに対し「ボクシングルールですからねぇ…」と否定的な印象の加藤だったが、山本は「いいでしょう。その代わり手加減しません。早いうちにノックアウトすればいいんですよね?」と承諾。

予期せぬ返答に、加藤は爆笑し、向井は「怖いですねぇ~今日の山本さんは怖い!」と声を張り上げた。その後、清水のみ“蹴りOK”の特別ルールで始まった第2試合。得意な前蹴りを駆使し、果敢に挑んでいく清水でしたが、とうとう手加減を忘れた山本の猛攻を受け…。試合終了のゴングとともに大号泣し、「初めて野生のイノシシに会った気持ちです」と試合の感想を語り始めた清水に、加藤も向井も爆笑。

そして、いよいよ3人目からは本物の格闘家・華DATE、ぱんちゃん璃奈、世志琥らの登場となったが…。またもやドロップアウトを示唆する山本の前にまさかの救世主が…!

果たして山本さんは見事、5人全員を勝ち抜き、1000万円を手にすることができたのか!?衝撃的なラストを迎えた「山本圭壱が勝ったら1000万円」第2弾の模様はAbemaビデオで放送後7日間、無料で視聴できるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
グラドル・清水あいりに激甘!? 加藤浩次に不満が続出
http://www.entameplex.com/archives/54944

JOYの“最高年収”に極楽とんぼ加藤が仰天「すごい」
http://www.entameplex.com/archives/48726

加藤浩次、映画監督に挑戦もスタッフから不満が続出!?
http://www.entameplex.com/archives/53888