Entame Plex-エンタメプレックス-

関智一&森久保祥太郎、生配信で本気のCM撮影を敢行!


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は5日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×森久保祥太郎】 特別編 #7』を配信した。

本配信では、小野友樹がゲストで出演し、ハーゲンダッツの新作アイスを紹介。“ねりねり”して食べられるアイスをひと足先に試食する「“練り食べ”してみる??」や、新商品のCMを収録する「“ねり”に練った…新商品CM撮影!」、視聴者を褒める「頑張ったキミへ、ご褒美ダミヘ」や、金曜恒例の「聴きたてホヤホヤ 今どきソングカラオケ!」などのコーナーを行った。

『声優と夜あそび』1stシーズンで火曜日のMCを務めていた小野は、大の“スイーツ好き”としても有名。そんな小野と共に「ハーゲンダッツと夜あそびスペシャル!」と題した特別企画を実施。3人で6月23日(火)に新発売となるハーゲンダッツの新商品、“クリーミージェラート”の“アーモンド&クリーム”と“マスカルポーネ&ゴールデンパイン”を紹介していく。「嬉しい!いろんなアイスを愛してきたけど、最後はハーゲンダッツになっちゃうんだよ!」と話す関に、森久保も「ですよね~」と大きく頷き、大喜びで新作アイスのPRを楽しんだ。

配信内では実食のほか、「“ねり”に練った…新商品CM撮影!」と題したCM撮影企画も実施。関と森久保が配信内でCMを考え、撮影していった。撮影したCMは実際に「ABEMA」内で流れるため、2人は真剣にCMの流れを打ち合わせ。森久保はギターを片手にCMの歌を作曲し、関は「これ言った方がいいかな」「このアピールは要るよね?」とCMの内容を考え、クリエイターとしての表情を見せる。小野は歌の時間を計ったり、クライアントの意向を伝えたり、ディレクターのような立場で2人をサポート。3人で力を合わせてCMを考案していった。

CMの流れが決まったら、関と森久保の2人は別スタジオへ移動。新型コロナウィルスのリスクを考慮し、離れた距離から“ソーシャルディスタンスCM撮影”に挑戦。CMの内容は、“練って食べると美味しい”という“クリーミージェラート”にちなんで「ねりねり食べたい♪」というフレーズに、「混ぜて美味しいクリーミージェラート!」というPRを差し挟んでいくというもの。カメラアングルから、途中で入れるカットインまで2人でプランニングして撮影。小野も尊敬する大先輩2人の“モノ作り”の現場を「もう少しカメラに寄ってください」「パッケージを正面に向けましょう」「いいですね~!」と声をかけて手伝い、素敵な収録となった。

さらに小野は「頑張ったキミへ、ご褒美ダミヘ」で視聴者を労ったり、「聴きたてホヤホヤ 今どきソングカラオケ!」のコーナーで新曲『キズナライト』を熱唱したり、関や森久保と一緒に久々の“夜あそび”を楽しんだ。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
浪川大輔&石川界人、超イケメンホストにメロメロ!?
http://www.entameplex.com/archives/56306

小原好美、“おうち時間”は「10時間ひとりで床紙貼り」
http://www.entameplex.com/archives/56297

関智一と森久保祥太郎が“家族型AIロボット”にデレデレ
http://www.entameplex.com/archives/56226