Entame Plex-エンタメプレックス-

中村蒼、『エール』鉄男のオフショットを公開


現在放送している俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(毎週月~土曜8:00~)に出演している俳優の中村蒼が25日、オフィシャルブログを更新“おでん屋がすっかり板についた”鉄男のオフショットを公開した。

前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルにした夫婦の物語。古関氏をモデルにした天才作曲家・古山裕一を窪田正孝が演じ、妻役のヒロインを女優・二階堂ふみが務める。中村は、裕一の幼なじみ・村野鉄男を演じる。鉄男は、のちに作詞家となり裕一、久志(山崎育三郎)とともに福島三羽ガラスと呼ばれ人気を博す。

この日、第13週(6月22日~26日)の副題「スター発掘オーディション!」・第64話の放送後「歌」と題してブログを更新した中村。「今日の『エール』はちょっとした歌番組かのようでしたね笑」と前置きし、「素敵な歌声な人が沢山で。というかプロの方ばかりで個人的には大好きな回です」「やっぱり歌はいいですね!朝から気分が上がりました!」とコメント。

「さぁ明日は運命の結果発表!どーなるかな?」とつづりながら、「作詞家の前におでん屋として軌道に乗りました笑」と“おでん屋がすっかり板についた”鉄男のオフショットでブログを締めくくった。

また、翌日第65話放送後に「来週から」と題して更新したブログでも「オーディションの結果。勝者がいれば敗者がいる。でも最後は2人とも認め合って良い関係で追われて良かった!」と同話の感想を述べつつ、ギター練習写真とともに「最後の最後にまたギター弾きました。育さんと古川さんの伴奏は1番緊張しました」と居酒屋で久志(山崎)と音(二階堂)の声楽の先生の御手洗(古川雄大)に合わせてギター伴奏するシーンを振り返った。

この日の放送が放送休止前最後の放送となり、中村から「来週から再放送。観てない方や途中から観始めた方は是非!そして副音声では出演者の方が役柄で解説するそうです。これまで観てた方は副音声で楽しむのもありかもです!」と新たな楽しみ方がつづられた。

これらの投稿にファンからは「おでん屋さんの鉄男君、結構好き」「作詞家としても軌道に乗るといいですね!!」「蒼くん渋くなってきたなぁ」「3人で一緒にお仕事して貰いたい」「2人の対決はともあれ、2人の仲が丸く収まって良かった!」「ギターでの船頭可愛やも良かった!!」「放送再開を楽しみにしてます」「ギターを弾いてる蒼くんかっこよかった」「来週から寂しいなぁ~」などのコメントが寄せられている。

<関連サイト>
中村蒼、『エール』初ギターは山崎育三郎がしっとり熱唱
http://www.entameplex.com/archives/56715

中村蒼、『エール』鉄男まさかのおでん屋さんの展開に…
http://www.entameplex.com/archives/56359

中村蒼、28歳最後の日に“スリーピース”写真を公開!
http://www.entameplex.com/archives/54803